• ホーム>
  • 「日立市立学校再編計画【第1次】(2021~2030)」を策定しました【令和3年2月】
ページID
P058304

令和3年5月15日(土曜日)

ページID
P058304

「日立市立学校再編計画【第1次】(2021~2030)」を策定しました【令和3年2月】

令和3年5月15日(土曜日)

日立市立学校再編計画【第1次】(2021~2030)を策定しました

 日立市教育委員会では、日立市立学校適正配置検討委員会からの提言を受け、「日立市立学校再編計画【第1次】(2021~2030)」を策定しました。
 (学校再編計画(PDF形式 7,366キロバイト)学校再編計画_概要版(PDF形式 3,963キロバイト)

 本計画は、先に策定した「日立市立学校適正配置基本方針」に基づき、20年後の学校再編の全体像を示した上で、今後おおむね10年間に取り組む個別具体的な内容を明らかにしています。
 今後は、本計画に基づき、再編対象校の学校関係者、保護者、地域住民などで組織された統合準備委員会を設置し、統合に関する様々な協議を行いながら再編を進めます。

日立市立学校再編計画 提言書が提出されました

 令和3年1月19日(火曜日)、「日立市立学校再編計画 提言書」が、加藤崇英委員長(茨城大学大学院教授)から折笠修平教育長に提出されました。(「日立市立学校再編計画 提言書」は、こちら (6,959KB))
 提言書の提出に当たり、加藤委員長は、「提言書は、約5年にわたり、日立市民の皆様と検討してきた内容をまとめたもの。日立市の子どもたちのために役立ててほしい。」と話されました。
 これを受けて、折笠教育長は、「この提言を生かして、「個別最適な学び」と「協働的な学び」の実現を目指して、子どもたち一人一人が、豊かな人生を切り拓き、持続可能な社会の作り手となることができるような学校づくりを進めていきたい。」と応えました。

 加藤委員長から折笠教育長へ
 日立市立学校適正配置検討委員会は、この提言をもって活動終了となります。
 なお、会議での発言内容の公正性の確保や発言者の精神的負担の軽減のため、検討期間内の名簿公表は控え、各委員には、協議内容の秘匿に御協力いただきました。ありがとうございました。
 今後は、この提言書に基づき、日立市学校再編計画を策定いたします。

日立市立学校適正配置基本方針 提言書が提出されました

 平成30年2月15日(木曜日)に開催された第9回日立市立学校適正配置検討委員会において、「日立市立学校適正配置基本方針 提言書」が、加藤崇英委員長(茨城大学大学院准教授)から中山俊恵教育長に提出されました。(「日立市立学校適正配置基本方針 提言書」は、こちら  (3,316KB))

加藤委員長から中山教育長へ提言書が手渡されました。

今後は、この提言に基づき、日立市立学校適正配置基本方針を策定いたします。
(「日立市立学校適正配置基本方針」の策定についてはこちら

日立市立学校適正配置検討委員会

保護者、学識経験者、教育関係者、地域活動関係者など、様々な立場から、子どもたちの学習環境、豊かな人間性の涵養の場としての学校の在り方を検討します。
(会議録・会議資料はこちら

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
教育委員会学校再編課
代表電話番号
0294-22-3111(内線 645 644)
ファクス番号
0294-21-7740
メール
メールフォーム

ページの上部に戻る