×
閉じる

ページID
P094741

令和3年4月27日(火曜日)

ページID
P094741

待ちに待った「飼育の日」

令和3年4月27日(火曜日)

待ちに待った「飼育の日」

 4(し)月19(いく)日はその語呂合わせから「飼育の日」とされており、動物園・水族館の役割や、飼育員の仕事の裏側を多くの人に知ってもらうことを目的に制定された日です。かみね動物園に限らず、全国各地の動物園で飼育の日ちなんだイベントが開催されています。

 当園でも毎年飼育の日にちなんだイベントを開催していますが、昨年は新型コロナウイルス感染予防対策のため臨時休園となってしまい、せっかく企画していたイベントを実施することができませんでした…(その代わり、動画作成に追われる日々を送りました…)。あれから一年、今年はどうなることやらととてもハラハラしていましたが、何とかイベントを開催できるまでにこぎつけました!!

 さて、今回は「プチ飼育体験」ということで、キツネザルやニホンザルへの採食エンリッチメントを体験していただきました。飼育員の仕事でまず思い浮かぶことの中に「エサやり」があると思いますが、飼育員はただエサをあげるだけではなく、どんな動物にどんなものをどんなふうにあげるのか、想像以上に多くの事に気をつけながら作業をしています。慣れない作業もあり苦戦している人もちらほら見受けられましたが、皆さん一生けん命動物たちのために作業に取り組んでくれました!

~作業風景~

エリマキフィーダー フィーダーの中にエサがある

(エリマキキツネザル用、ぶら下がってエサを取る設計)

ワオキツネザルフィーダー ワオキツネザル短いフィーダー

(ワオキツネザル用、竹には所々穴が空いており、探索時間を伸ばす作戦!)

落ち葉フィーダー ニホンザルフィーダー

(ニホンザル用、落ち葉を掻きわけるとエサがたっぷりのトロ船!他にササや竹、消防ホースも活用しました!)

~実際に設置してみた~

ぶら下がって餌をとる ササについた餌をとる

(エリマキキツネザル、警戒しながらも予想通りぶら下がって使ってくれました!ササについたエサもパクリ。)

竹にしがみつき餌をとる ササについた餌をゲット

(ワオキツネザル、高いところのエサもしがみついてゲット!)

ニホンザル警戒中 トロ船ひっくり返す

(ニホンザル、思いのほか警戒して近づかない…。でも最後にはひっくり返してエサをゲット!)

初めてチャレンジするものもあり使ってくれるかドキドキでしたが、今回はどれも大成功!難易度が高く使ってくれなかったり、簡単すぎてすぐエサを食べ終わってしまったり、いつも失敗することの方が多いため予想外の展開に驚きました…。(一つぐらい失敗するかもと思っていました…汗)

 今回体験した内容は普段している仕事のほんの一部で、飼育員はほかにも様々な仕事に明け暮れています。このイベントをきっかけに、飼育員の仕事、更には動物園、そこで過ごす動物たちにも興味を持っていただけたらとても嬉しいです。

 さて、今後も参加型イベントを企画しているので、気になる方は是非ホームページをチェックしてみて下さい♪また一緒にイベントが出来る日を楽しみにしています!!

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
産業経済部かみね公園管理事務所
代表電話番号
0294-22-5586
ファクス番号
0294-22-5596
メール
メールフォーム