×
閉じる

ページID
P085912

令和2年6月20日(土曜日)

ページID
P085912

おうちでZOOワーク編第3弾‐キリンの模様かけるかな解説編‐

令和2年6月20日(土曜日)

おうちでZOOワーク編第3弾「キリンの模様描けるかな?」に挑戦しましたか?
☆ワークシートはこちらから

今回はキリンの模様についてお話しようと思います。

キリンの模様は種類によって模様の形が異なっています。
キリンは4種との報告が最近の研究で明らかになりました。
そして、それぞれ亜種に分けられていきます。

その中で日本にはアミメキリンとマサイキリンがいます。
日立市かみね動物園にはアミメキリンが生活をしています。


アミメキリンの模様はその名の通り網目の様になっています。
そしてその模様はひざ下程まで続いています。
網目の模様は個体ごとに違っていて、さらに色合いなども異なっています。(白っぽい個体や茶色っぽい個体がいます)

キリンのシゲル
当園のキリンのシゲル

皆さんは、キリンの模様がどこまであるのか、観察したことはありますか?
動物園にお越しになった際は、ぜひ、どこまで模様があるのか、
個体によって特徴のある模様はあるのかなど、よくキリンを観察してみて下さい。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
産業経済部かみね公園管理事務所
代表電話番号
0294-22-5586
ファクス番号
0294-22-5596
メール
メールフォーム