×
閉じる

ページID
P085660

令和2年11月2日(月曜日)

ページID
P085660

新米ゾウ担当奮闘記。

令和2年11月2日(月曜日)

 かみね1年。ゾウ半年…

皆さん、こんにちは。昨年10月よりかみね動物園で飼育員をしております山下と申します。

かみね動物園で働き始めて1年が経ちました。

初めて暮らす日立市での生活…新天地かみね動物園…新担当で慌ただしい毎日…そしてコロナの影響で長期閉園する動物園…忙しくもとても充実した日々を過ごしています。

さて、新しい年度になって私に大きな出来事がありました。

かみね動物園では毎週水曜日に園長・獣医・飼育員が集まり会議が開かれるのですが、3月の半ば頃の会議で担当替えが発表されました。

「まぁ入ってまだ半年だし、自分に担当替えはないだろう」と高をくくっていたのですが、新担当表に目をむけると

『山下 アジアゾウ 』

・・・え???・・・・

もう一度見返しても・・・

『山下 アジアゾウ 』

ゾウ担当!!!???

どえらい驚きました。(素直な気持ちを出身地の方言で表現しました。)

気持ち的には嬉しい2割、戸惑い1割、不安7割といった感想です。

 ゾウ班配属になって…

そして色んな気持ちを抱きつつも、あれよあれよという間に4月になりゾウの担当になりました。

かみね動物園のアジアゾウ担当は通称ゾウ班と呼ばれており、6人の担当がゾウ+個々の担当動物という形で仕事をしています。

自分で言えば「クマのすみか」+「ゾウ」ということです。

大型動物のゾウは担当者が1人というわけにはいかず、このように複数人の班体制で担当する場合が他の動物園でも多いようです。

かみね動物園にはミネコ・スズコの二頭がおり、二頭とも自分より年上です。

なので、新米の自分にとっては上司・先輩、5人+二頭のゾウの先輩がいる事になります。

半年が経ち、ミネコ・スズコとも少しは関係性が築けてきたかな?くらいで、毎日のトレーニングでも自分の指示を聞いているというより、「しょうがないから聞いてやるか…」といった感じで指示を聞いてくれています。

今はゾウ班の上司・先輩方に多くのことを教えてもらい、日々勉強する毎日です。

今回のブログは「せっかくゾウ担当になったのだから、ゾウ担当になって半年の今しか書けない気持ちを何かに残しておかなければ…!?」という気持ちで始まりました。

果たして山下はゾウ班の一員として認められ、立派なゾウ担当になれるのか!?

またこういったブログで近況を報告していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。 

次回もこうご期待!!!

ゾウ

ミネコもスズコもかわいらしいですね。

最近自分の言葉がなまっていたことに気づいた山下。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
産業経済部かみね公園管理事務所
代表電話番号
0294-22-5586
ファクス番号
0294-22-5596
メール
メールフォーム