×
閉じる

ページID
P093124

令和3年2月23日(火曜日)

ページID
P093124

ワオ好きのワオ好きによるワオ好きのためのブログ。

令和3年2月23日(火曜日)

みんな同じ顔??

えー、タイトルを読まれた方はお気付きかと思いますが、リンカーンの名言をもじりました。
ただ私がふと使ってみたかったというしょうもない理由ですので、内容とは一切・・・とは言いませんが関係ありません(笑)
今回の飼育員ブログはワオキツネザルの個体識別についてです!!

モンキー館を担当して早3年・・・。
仕事をしているとよく「みんな同じ顔に見える~」や「見分けがつかな~い」という声をよく聞きます。
確かに担当し始めたときは私も同じ感想でした。
ですがよく見るとみんな違う顔でとても個性的です!!

早速みてみよう!!


 ワオキツネザル1 ワオキツネザル2

まずご協力いただいたのはこの2頭。
みなさん違いがわかりますか??
え?かわいいということ以外わからない?
まぁその気持ちは痛いほどわかりますが、そこはぐっとこらえてもっとよく見てみましょう!!

ワオキツネザル比較

一見同じような顔に見えるワオキツネザルですが、細かく見てみると結構違います。
例えば頭の毛の生え際(黄色の矢印)、目の隈取の形(赤の矢印)、眼の色(緑の矢印)、顔の輪郭(青の矢印)など。
今挙げたものでかなり個体識別ができるようになります。
左側の個体はボロ助といいます。生え際は曖昧で、隈取の形はしっかりと上まで突き上げているような形をしています。
眼の色は薄めの黄色で、顔の輪郭はかなりシャープです。写真では少しわかりにくいですが、堀も他の個体と比べると深めで、かみねワオ界の舘ひ○しと呼ばれています(担当者から)。

右側の個体はカンスケといいます。生え際は境界がしっかりとしていて、隈取は少し元気なさげで丸みを帯びた形をしています。
眼の色は少し濃いめの黄色といった感じでしょうか。顔の輪郭は丸みを帯びていて、ボロ助をカッコいい系ワオとしたらカンスケはかわいい系ワオと区別することができると思います。

今ので大体どの部分を見ればいいのか分かったかと思います!!
それでは次の個体です!!

ワオキツネザル3

さて続いて登場していただいたこの子はミツヒデ(通称みっちゃん)いいます。
明智光秀から取りましたが、麒麟が来るに感化されて名付けたとかそういうのではないのでご安心を(笑)
名前の由来はちょっと長くなるので、気になる方は動物園で是非私を捕まえてください(-_-;)

みっちゃんはかなり塩顔ワオです。正直あまり特徴がありません。
むしろ特徴がないのが特徴(笑)
挙げるとするのならば生え際は曖昧で真ん中に少し切れ込みみたいなのが入っています。
眼の色はかなり薄く、白っぽい。隈取はカンスケよりかは大きめですが、ボロ程突き上げた形ではありません。

他にも個体識別では、顔の傷であったり、体格といった模様以外の要素で見分けたりしています。
さてこれまで3頭の特徴を見てきましたが、最後に集大成として個体識別クイズ!!
次に上げるワオキツネザルは3頭のうちどの子でしょうか!!

ワオキツネザル4

 (1)ボロ助 (2)カンスケ (3)みっちゃん 

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

どうでしょうか。
みなさん分かりましたか??
正解は・・・(1)のボロ助でした!!!
なんとも凛々しいお顔立ち!!簡単だったかな??
個体識別は長く観察していないとなかなか難しいですが、一度できるとより動物園を楽しむことができると思います!!
特に霊長類のように群れで暮らしていて、社会性のある動物は個体同士の関係性や群れでの位置などがわかって識別できるととてもおもしろいです!!
まずはご自分の好きな動物からでいいので、今回のブログを機に是非挑戦してみてくださいね!!

(いつかマダガスカルで野生のキツネザルを見てみたい飼育員 染谷)

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
産業経済部かみね公園管理事務所
代表電話番号
0294-22-5586
ファクス番号
0294-22-5596
メール
メールフォーム