×
閉じる

ページID
P033585

平成26年4月21日(月曜日)

ページID
P033585

4月19日は…飼育の日!!

平成26年4月21日(月曜日)

今年で3回目となりました!「飼育の日イベント」

4月19日が「しいく」と読めることから平成21年に日本動物園水族館協会により制定されました!

かみね動物園では「プチ飼育体験」を開催。飼育員や獣医の仕事をちょこっとだけ体験出来る企画をご用意しました。

チンパンジーのエサ隠し

飼育の日飼育の日

飼育の日飼育の日

チンパンジー達の朝ごはんは毎日飼育員が運動場の色々な場所に隠しています。

野生ではごはんを探すのにたくさんの時間を費やしているため、動物園でも少しでも時間をかけて食べてもらえるようにしています。

ちょっと意地悪しているようにも見えますが大事なお仕事の一つです!

ゾウのお部屋掃除

飼育の日飼育の日

飼育の日飼育の日

ゾウのウンチはビッグサイズ!ウンチや食べ残したごはんを掃除するのはなかなかの重労働…しかも365日毎日です。

今回はその重さを体感してもらうためにフォークでウンチを取って、一輪車に乗せて、捨てる、という一連の掃除をしてもらいました。

思った以上の重さに皆さんフラフラしていましたが頑張ってくれました!

最後はゾウの背中をほうきで掃いてもらい終了。お疲れさまでした!!

ニホンザルのエサ作り

飼育の日飼育の日

飼育の日飼育の日

飼育員の基本作業、エサ作り。動物たちの特性、体調に合わせて食事の量や種類を決めています。

今回はニホンザル達におやつとしてリンゴやバナナを切ってもらいました。そのままでも食べられますが、たくさんのニホンザル達が食べられるよう細かく切っています。

ちなみに皮をむいたりはしません!そのまま食べちゃいますよ!!

獣医のお仕事体験

飼育の日飼育の日

飼育の日飼育の日

動物園には飼育員だけではなく動物たちを治療する獣医がいます。

今回はウサギやモルモットの心音を聴診器を使って実際に聞いてもらいました。私たちヒトより心音はとても早く、「ドッドッド…って言ってる!」と、初めて聞く生きている音に皆さんビックリしていました。

もう一つは吹き矢体験。動物たちに注射や麻酔をする時に「はい、じゃあ大人しくしていてね!」と言って聞いてくれるわけもなく、またライオンなどの大きな動物に直接注射をするのは難しいことです。

そこで登場するのが吹き矢で、遠い所からでも注射をすることができます。シマウマのお尻めがけて撃ってもらいました!

(番外編)園長を捜せクイズ

飼育の日

こちらは番外編。動物園で動物だけなくヒトの管理もする園長と皆さんに触れ合ってもらいました!

写真を頼りに園内を巡回中の園長を捜し、クイズに答えると賞品がゲット出来るというもの。皆さん積極的に声をかけていたようで「賞品が足りない!」と、園長も焦っていましたよ。

知っているようで知らない飼育員や獣医のお仕事。今回少しは皆さんに知って頂けたかな?

これでもっと動物たちに興味を持ってもらえたり、飼育員になりたい、と思ってくれたら嬉しいなー、と勝手に思っています。

来年はどんな「飼育の日」を開催するかは未定ですが、今回参加した人も参加しなかった人も動物園に足を運んでくれたら嬉しいです♪

(飼育員 おおぐり)

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
産業経済部かみね公園管理事務所
代表電話番号
0294-22-5586
ファクス番号
0294-22-5596
メール
メールフォーム