×
閉じる

ページID
P069013

平成30年6月21日(木曜日)

ページID
P069013

緑の絨毯

平成30年6月21日(木曜日)

さあ今年もこの季節がやってきました!そう!カピバラの緑化計画です。

現地の南アメリカでは草原の主の異名を持つカピバラですが、その巨漢ゆえに食欲旺盛で生えてきた草を片っ端から食べてしまい、なかなか緑の中にいる姿をお見せすることが出来ません。そこで数年前から緑化計画と銘打って、一時グラウンドを封鎖して種まきをして緑化を試みています。ただ、持続性は無いので見る側も食べている側もその一瞬を楽しむレアなイベントとなっています!昨年は子どもの進入もあり大失敗でしたが、今年はバッチリ草原に仕上がりました!

まずは去年の反省を活かして柵の強化!竹で作りました。でもそれでも2回ほど突破されました・・・。

かぴばら

   <炎天下付き合わされる後輩>

次に耕して種まき。数日で芽が出ます。芽が出始めのころはまだまだひ弱なので毎日水をあげます。

かぴばら

     <大きくなーれ>

そんなこんなで立派な絨毯が完成しました!例年タイミングを逸して育ちすぎてジャングルになってしまうのですが、今年はきれいなクローバーの絨毯になりました。

柵の一部を撤去して、いざゆかむ!

かぴばら かぴばら

開放したことに気づかずにいっせいにとは行きませんが、徐々に草原にカピバラが現れました。草原に来た主たちは食べる食べる!クローバーをムシャムシャ美味しそうに食べ始めました。

かぴばら カピバラ

その後は、テンションあげあげではしゃぐはしゃぐ!まるで子どものカピバラのように走ったりじゃれあったりとてもイキイキしていました!体重50キロ以上あるカピバラが駆け回っているのはとても迫力があり、見ているみなさんもビックリといった様子でした。「こんなに素早く動けるんだ~」との声も。

かぴばら かぴばら

  <自由気ままに過ごすカピバラ>           <大観衆?>

ひとしきりはしゃいだ後は絨毯の上で休憩していました。

かぴばら

       <寝食い>

そしてやっぱり緑の絨毯はすごいスピードで茶色の絨毯に変身しています。

かぴばら かぴばら

       <開始前>                <初日終了時>

かぴばら かぴばら

       <3日後>                <1週間後>  

ああ、恐るべし。まだ若干ではありますが緑は残っているので見たい方はお早めに!

数年前に細々と始めたイベントですが、やっぱり緑の中を駆け回るカピバラはカッコいいですし毎年楽しみにしてくれている方がいるのはありがたい限りです。なによりカピバラがあんなにテンションが高い姿を見せてくれるのは滅多にありません。それだけカピバラにとっても見ている皆様にも楽しいイベントなっているのかなと思います。

来年はオスのグラウンドも緑化しようと考えています!できればチンパンジーのように、種や苗木を募集したり、一緒に植えたりなんかしてみたいなあなんて思ったりしていますがどうなるかはお楽しみに。

果たして来年もカピバラ担当なのか 中本

カピバラ

 草原を羨望のまなざしで見つめる「おもち」

 

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
産業経済部かみね公園管理事務所
代表電話番号
0294-22-5586
ファクス番号
0294-22-5596
メール
メールフォーム