×
閉じる

ページID
P051189

平成28年5月12日(木曜日)

ページID
P051189

コツメカワウソのイキイキ計画 その10

平成28年5月12日(木曜日)

数年前から「イキイキ計画」と題してコツメカワウソの展示場やエサを改良した様子をご紹介していました。狭くて古い展示場ですが、工夫を凝らすことで、カワウソも、見ている皆様も、仕掛け人の飼育員も、イキイキできる、そんな試みです。

カワウソ

 以前に行なったものはこちら↓

その9

http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/blog/staff/nakamoto/blog201603.html

※他のブログと一緒になっているので、下にスクロールすると見ることが出来ます
 

当園ではオスのジュンとメスのなつこの2頭のカワウソを飼育していますが、以前からお伝えしておりますように、なつこが自分の毛をガジガジかじる困った癖があります。

はっきりとした原因はわかっていませんが、退屈なのと空腹感もあいまってのことだと思います。ただ、エサを満腹まであげてしまうと、太ってしまい毛がなくなる以上に大変な事態になってしまいます。運動量や体型を考慮してエサの量を増やさずに、エサのあげ方を工夫することにしました。

今回の試みは名づけて「イキイキカップ」です!

狙いは、採食時間(エサを食べる時間)を伸ばすことです!動物にとって食事の時間は一番楽しい時間です。その時間が長ければ、退屈な時間が減ります。また、人間もそうですが、ゆっくり食べることで、体に負担がかからず消化吸収できるという面もあります。
 

<作り方>

まずは蓋つきの透明のプラスチック製のカップを用意します。

電動ドリルでペレット(固形飼料)がギリギリ通るくらいの小さな穴をあけます。

※お湯などでカップを温めてから穴をあけないと右側の写真のように・・・。

あとはペレットを入れてぶら下げるだけ!完成です!

カップ カップ

      <蓋つきカップ>           <左はバッチリ!右は・・・>

ペレット 設置

     <ペレットを入れて>            <いざ、ゆかむ!>

最初は慎重な姿勢を見せていたものの、ペレットが出てくるとわかると徐々にさわるようになりました!

ただし、仕組みはイマイチ分かっておらず、体がカップに当たってペレットが落ちるので、とにかく周辺をウロウロしていました。

なんだこれ カップ

数日すると、穴からペレットが出てくることを理解したようで、指を入れたり振るようになりました。

カップ カップ

ポイントは「ギリギリの穴」と「透明」で、難しいとすぐに飽きてしまうカワウソですが、中身が見えることによってなかなか出てこなくても飽きずに続けてくれました。いつもは5分で食べ終わる量を、な、なんと・・・1時間以上もかけて食べていました!!!

カップ カップ

もうホントに、大成功以外の言葉が見つからないくらいの会心の出来でした。ここまで上手くいくとは思っていなかったので、正直驚いてしまいました。

カップ

ちなみに蓋が割れてしまったカップは、固定せずに置いておいたところ、転がしたり、水に入れたりしてけっこう良い感じに使ってくれました!

めでたし、めでたし・・・ではないんですよね。この仕掛けには強い副作用があります。

それは、自然界ではこのようなカップがぶらさがっている状況はあり得ず、カワウソについて間違った情報を発信してしまう可能性があることです。動物園ではこの生物は「コツメカワウソ」として伝えなければならず、「カワウソちゃん」にしてはいかんのです!カワウソのためにやっていることが、一方では彼らを貶めることに繋がりかねません。

カワウソ

カワウソはどうしてもカワイイ見た目や動きによってキャラクターとして捉えられてしまいがちです。このカワイイが動物園にとって曲者で、動物に興味を持つ入り口としては良いのですが、そこがゴールになってしまうと彼らの生物としての面白さ、不思議さに気づいてもらえません。動物園の動物たちはカワイイ姿を見せるためにそこにいるわけではありません。見ている人に、どういう生物なのかを伝え、その面白さに気づいたり、生物が棲む自然を身近に感じてもらうためにいるべきだと私は思います。

カワイイという感情は自然なものですし、私も動物をカワイイと思います。でも、そこで終わらせては動物園ではありませんし、そこだけを切り取ってしまうのはいかがなものかと思います。そのプライドはものすごくあります。これについて書き出すと熱くなってしまうので、今回はこのあたりで終しまいにします。

カワウソの展示場で耳をそばだてていると、カワイイがだんとつ多いのですが、すごい、おもしろい、なにしているんだろう、などの声も聞くことが出来ます。なにうるさいこと言ってんだよという批判は重々承知ですが、とにかくカワイイから一歩踏み込んで、すごい、面白いと言ってもらえるようにしたいんです。皆様も一度騙されたと思って、動物をよ~くご覧になってみてください。動物園の面白さがアップすること間違いありません!!!!!見ている皆様から聞こえる声が、カワイイだけだと私の負け、その後に言葉が続けば勝ち!今は1勝9敗くらいですが、まずは目指せ勝率5割!

イキイキ計画は今後も続く・・・。

たまにカワウソ担当 中本

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
産業経済部かみね公園管理事務所
代表電話番号
0294-22-5586
ファクス番号
0294-22-5596
メール
メールフォーム