×
閉じる

ページID
P039978

平成27年1月20日(火曜日)

ページID
P039978

カピバラと常連さん

平成27年1月20日(火曜日)

先日カピバラの名前が「おはぎ」と「おもち」に決まったとお知らせしましたが、理由を説明していなかったので今回のブログでちょっとお話したいと思います。

 かぴ

そもそもなんで公募をしなかったのかということからお話します。

それは「オス」だからです!ん?なぜ?オス好きなの?

いやいやそんなことはないです。カピバラの性質に答えがあります。カピバラは1頭のオスと複数のメス、そのこどもからなる群れを作ります。リーダーのオスは他のオスが群れに侵入してくると群れを乗っ取られまいと攻撃して追い払います。

飼育されているカピバラでも同じです。こどものうちは群れの一員ですが、体が大きくなるとリーダーの座をかけた男と男の闘いが勃発します。あの歯で戦えば当然無傷ではすみません。

 カピバラ

<こう見えても立派なオスです!>

もし闘いが始まってしまったら、動物園では逃げ場がありませんし、分けるスペースを確保するのも難しいです。そうなった場合こどもを他の動物園にお婿に出すことも考えなければいけません。もし公募で名前をつけてもらっても、すぐに他の園に引っ越しましたでは寂しいので今回は公募をしないことに決めました!

 

次に名前の理由ですが、こちらが今回お話したい事です。

実はあのお名前は私ではなく来園者の方が考えました!

えー、ずるーい!と思うなかれ。

週に何回も遊びに来る常連さんたちなのですが、子供が生まれてから自分たちで名前を付けてずーっと呼んでいました!

別に大したことないように思えますが、ではみなさんはカピバラを1頭1頭見分ける事ができますか?

かぴばら かぴばら

              <さあ、違いがわかるかな?>

毎日のように接している私たちでも難しいことなんです。我々は「個体識別」と言いますが、動物を飼育管理する上ではとても大切なことで、様々なポイントでその個体を見分けます。私は体の大きさ、眼や鼻などのパーツの大きさ、形、色などと性格を踏まえて判断しています。野生のライオンを研究している人たちはヒゲの毛穴の位置や数で個体を見分けるそうです!(むり~)

 らいおん

  <け、けあな・・・!?>

個体識別はとにかく動物をよく観察していなければできないことです。それを一般の方が「あ、おもちだ!」「あ、おはぎだ!」と呼んでいる姿には感動しました!!さらに、子供たちだけではなく次第に大人のカピバラも見分けられるようになっていきました。その見分け方も体の特徴だけでなく「エサのとき口をパクパクさせる」とか「いつも追いかけられてる」など動きの特徴や性格までよく見ています!すごい!!そんな嬉しい光景を目の当たりにすることができたので、名前をおはぎとおもちにさせて頂きました!

 命名者

  <わたしたちが名前をつけました!>

実はこの方々だけでなく個体識別をできる方は他にもいます。それは「カピバラ」が好きだったり「動物」が好きで、全国各地の動物園を見て回っているカピバラファンや動物ファンと呼ばれる方々です。私は当園のカピバラしか分かりませんが、その方は他の園のカピバラも見分けることができるので頭が下がります。

 しかし、今回名前をつけてくれたのはごく普通の地元の親子連れです。こどもたちも一生懸命?動物を見ていますが、何よりお母様方が熱心に動物を見てくれるようになりました。そして、親子で「あれが○○だよ」と話しています。わからないことや気になることがあると質問をしてくれます。これはっ!と思ったのが「ヤマアラシってどうやって交尾するんですか」と質問された時です。まさに「良い質問ですね~」です!その動物に興味を持たなければでてこない質問だと思いました!

私の答えは「これが上手いこと乗るんで、注意深く見て下さい!」でした。あの感動は口ではなかなか伝えられないんです!(一応説明はしてみましたが、やはりいまいち伝わりませんでした。)

実はヤマアラシの交尾は毎日見られるチャンスがあります。お盛んな動物だからというわけではなく、交尾姿勢をとることが彼らのコミュニケーションの一つになっているからです。時間にすると数秒ですが、次回から注目してみて下さい。朝と夕方に多いですが、昼でも2頭で活動している時が狙い目です!百聞は一見に如かず!!

やまあらし

  <トゲだらけの体!不思議ですね~>

動物園は子供のための施設というイメージが強いですが、私はそう思いません。もちろん子供も楽しめますが、大人はもっと楽しめるんです!!!動物を見て何かに気づいたり、疑問に思ったり、その理由が分かったときの感動はなんとも言えない心地の良さがあります。大人の皆さまもぜひそんな好奇心に溢れた心で動物を見てみて下さい!そして、気になることや疑問に思ったことはなんでも飼育員に質問して下さい!そうすれば動物園の真の面白さを体感できると思います!そんなわけで私の今年の目標は「皆さまの知的好奇心を爆発させる」にしました!今年もよろしくお願いします!

カピバラ担当 中本

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
産業経済部かみね公園管理事務所
代表電話番号
0294-22-5586
ファクス番号
0294-22-5596
メール
メールフォーム