×
閉じる

ページID
P046102

平成28年5月14日(土曜日)

ページID
P046102

フラミンゴのひ・み・つ

平成28年5月14日(土曜日)

当園のフラミンゴ展示場はフラミンゴにお客さんからえさをあげることができます。
特徴的な嘴を水面につけてエサを食べる様子を見ることが出来ます。

フラミンゴえさ フラミンゴ餌を食べる様子
     <フラミンゴのえさ>           <餌を食べる様子>

よくドッグフードみたいと言われるのですが、これはフラミンゴ専用フードです。

成分表

成分表を見てみましょう。
注目するのはカンタキサンチン!
この呪文のような成分、フラミンゴの羽を美しくピンク色に染め上げる色素です。
この色素は自然界にも存在していてサケやマスからも検出されています。
野生のフラミンゴのエサとなる藻類にもこれが含まれています。

生まれたばかりのヒナ

では色素を与えないとどうなるか。
実は羽は白っぽくなってきます。

上の写真は一昨年うまれた雛。真っ白なのはまだ赤い色素を取り込んでいないため。
エサを食べるようになると徐々に羽が色づいていきます。
一昨年生まれのヒナたち
首のところが少し黒っぽいフラミンゴは一昨年生まれ。
体全体がピンク色に染まるにはもう少しかかるようです。
 

ここで疑問に思ったのが「緑や黄色の色素を与えたらその色に染まるのか?」。
はっきりしたことは分からないのですが、野生下で彼らが食べている藻類には赤のほかに黄色や緑の色素も含まれておりその中から赤い色素を選択して取り込んでいる様子。
よりピンク色が鮮やかな個体がペアを組んで繁殖しやすいとの報告もあります。
つまり緑や黄色になってもいいことが無いので遺伝子レベルで赤くなるよう組み込まれているのでしょうか?
私が調べたレベルだとここまでなので・・・どなたかフラミンゴ博士がいましたら教えてください!
 

フラミンゴ

たまにハトに与えるお客さんがいるのですが、今のところ赤っぽくなってるハトは見当たらないです。
そんな訳で赤い色素が含まれたフラミンゴフード。
ぜひぜひ皆さんの手でフラミンゴたちをピンク色に染め上げてくださいませ。

(飼育員 お酒を飲むと赤くなるいのうえ)

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
産業経済部かみね公園管理事務所
代表電話番号
0294-22-5586
ファクス番号
0294-22-5596
メール
メールフォーム