×
閉じる

staff blogスタッフブログ (井上久美子(旧姓:川添)のブログ)

飛び出せ動物園!ボルネオ編part4

2017年12月27日

 朝、水辺で出会った宝石

 川沿いでは多くのハンターにも出会いました。

ミナミカンムリワシ

ミナミカンムリワシ。私が見たときは木の上から何かを探しているように見えました。
ガイド曰く狩りの最中とのこと。特にヘビやトカゲを襲って食べるそうです。

カンムリワシは日本でも石垣島や西表島で見ることができます。
私たちが見ていることも気にせず、ごはん探しに夢中な様子でした。

シロハラウミワシ

シロハラウミワシ。主に魚類を狩るそうで、朝は川の周囲を飛んで魚を探しているそうです。なんと20年以上前にはかみね動物園にもいたそう。記録が残っていないのですが、職員に対して攻撃してくるので頭上に注意を払いながら獣舎の清掃をしていたと先輩が教えてくれました。恐ろしい・・・。

シロハラウミワシ

遠目からでしたがトビくらいの大きさで朝日を浴びて白い体がより一層輝いていました。

トカゲ

写真が暗くはっきりと見えませんが、ボルネオに生息する3種のオオトカゲの内の1種。
マレーオオトカゲと思われます。別名ミズオオトカゲ。私たちが見た個体は体長1mほどありました。
大変悪食でなんでもよく食べますが動物の死体も食べてくれるので「自然界の掃除屋」と呼ぶ人もいます。
川の支流

そしてボートは川の支流へ。
あの夢と魔法の王国で体験したようなリアルジャングルクルーズ!

ビワモドキ科の黄色い花

1日限り咲く美しい花。ビワモドキ科。

ルリカワセミ 

ルリカワセミです。2羽いました。時々水の中に飛び込んでは魚を捕まえて
日本のカワセミより少し小さいくらいでしょうか。

ルリカワセミ2

自然界にこんなに美しい青が存在するなんて驚きです。
吸い込まれそうなくらい綺麗な色。
「この時間にいくと大体この場所にいるんだ」とガイドが教えてくれました。
このあたりがお気に入りの狩場なのかもしれません。

ルリカワセミ3 

キナバタンガン川で見つけた宝石です。

 名残惜しくもリバークルーズはこれで終了。
昼前にスカウを後にして次の目的地ダナンバレーへ向かいます。

ダナンバレーでは本格的にジャングルを歩く予定です。
プランテーション
   <車窓から撮ったアブラヤシ畑>

川沿いをしばらく走るとアブラヤシを植えたプランテーション(大規模農場)が続きます。
アブラヤシからはパーム油という油を作ることができます。インドネシアとマレーシアが2大生産国であり、ボルネオ島の道路を走っているとアブラヤシの並ぶ風景をよく見ます。
じつはこれがボルネオに暮らす生き物と大いに関係があるのですがそれはまた後でゆっくり書こうと思います。

パーム油を運ぶトラック  
<トラックの上部に”PALM OIL”の文字>

おまけ

ランブータン 車内でランブータン
   <森の中にも落ちてました>      <道中、運転手が御馳走してくれました>

前回のブログではドリアンを紹介しましたが、東南アジアには多くの種類のフルーツが栽培されています。
ランブータンもその一つ。マレー語のranbutが語源で「毛」や「髪」を意味します。
見た目とは裏腹に中身は真っ白でとても綺麗な実です。風味がライチに似ているなと思い調べたらライチの仲間でした。
日本のファミレスのサラダバーによくある冷凍ライチを山盛り食べて満足していた私としては
冷凍でないフレッシュなランブータンは目を見開く美味しさでした。(サラダバーのライチも美味しいですけどね!)
 

・・・このおまけコーナー食べ物の話しかしてないですね。 

(飼育員 いのうえ)

2017年12月27日

冬の憂鬱

2017年12月18日

 飼育員が憂鬱になる冬がやってきました。

プール掃除中
     <ああ冷たい・・・>

だって水仕事がしんどいんです。カバのプール掃除寒いんだもん。
と、言ってもこれも今年はそろそろ終わり。
なぜなら水が冷たくなってカバがプールに入らなくなるからです。

トラ ライオン カバ

私の担当動物トラ、ライオン、カバは暖かいor暑い地域に住む動物ばかり。人間以上に日本の冬は彼らにとってはつらいもの。
この季節をどのように乗り切るかでいつも頭を悩ませます。

落ち葉袋の山

この時期大活躍するのが落葉。いつも園内を清掃してくれるシルバー人材センターの方々にお願いして落葉をとっておいてもらっています。
サイカバ舎の裏は落葉袋の山が!

落ち葉の上で休むカバ
     <気持ちよさそう>

カバは冬は外のプールに入らなくなります。陸で過ごすことが多くなるのですが硬いコンクリートで寝ると皮膚が擦れることもしばしば。
そこでよく日向ぼっこをする場所に落葉を敷き詰めました。
今では好んで落葉の上に寝てくれます。

お湯でもわもわ お湯の中で
     <湯煙立つ寝室>          <は~気持ちいい~、と言いたげ?>

また、寝室のプールではお湯を入れます。約18度以下に下がらぬよう水とお湯を混ぜて入れると気持ちよさそうにしています。

窓
暖房効率を高めるために窓側にはシートを。
ちょっと見づらくなりますがカバの健康管理のためご理解をお願いいたします。

落ち葉の上で休むトラ
    <落ち葉の上でお休み中>

寝室に落ち葉
     <寝室がふかふか>
トラ、ライオンにも落葉を。
今年は寝室にも敷き詰めてみました。
猛獣舎は寒い時期だと10度以下まで下がってしまいます。赤外線ランプやヒーターを使用しますがコンクリ床の冷たさはどうにもならず以前は肉球にあかぎれを起こす個体もいました。

これまではあかぎれ防止のため板を敷いていましたが、外ではふかふかの落葉に横たわって眠る様子がよく見られたのでこちらの方が気持ちよいかと思い全面にしいています。
汚れたところを毎日取り除き少しずつ足しています。

バルミー

バルミーはサイが食べ残した乾草のベッドがお気に入り。
寒くなってからずっと板の上で寝ていましたがこれを敷いてからはここを独占状態です。

トラ くつろぐオーちゃん
      <肉を探すトラ>            <くつろぐオーちゃん>
落葉の中に肉片を隠して食べてもらうこともできます。
宝探しのようでなんだか楽しそうです。
以前は外でのみ行っていましたが室内にも敷いたことで室内での行動パターンを少し増やすことができました。
動物園の動物たちは実は皆さんに見られる外よりも「獣舎」と呼ばれる寝小屋で過ごす時間の方が長いのです。
お客さんに動物たちの魅力を伝えるため、動物のために、外のエンリッチメントはもちろんですが裏側のエンリッチメントも今後はもっと考えていく必要があります。

落ち葉かぶりライオン
    <落ち葉かぶっちゃった>
冬を乗り切るための工夫、きっとまだまだあるはず。
色々と調べて試しながら動物たちに元気いっぱい過ごしてもらおうと思います。

(飼育員 夏が恋しいいのうえ)

2017年12月18日

飛び出せ動物園!ボルネオ編part3

2017年12月6日

カニクイザルとテングザル

 

キナバタンガン川のリバークルーズで最も多く見たのはこの動物

カニクイザル

カニクイザルです。

彼らはこの後に控えているジャングルトレッキングにおいても道中の車内からも、とにかくボルネオ滞在中で最も出会うことができました。

カニクイザル2

どことなくニホンザルにも似てますよね。それもそのはず、彼らはニホンザルの仲間です。

雑食性で木の実などを食べています。この旅で見ることはできなかったのですが、その名の通りカニを捕まえて食べることもあるそうです。

毛づくろいするカニクイザル 群れ
    <あーそこそこ・・・>          <全員赤ちゃんを抱いてます>

群れで木に登り木の実を食べたり互いに毛づくろいしあってる様子などを見ることができました。
赤ちゃんの面倒を仲間で見る場面も。
川の周辺にはイチジクをはじめとする多くの実のなる木が生えています。
彼らはこれを求めて集まっているようです。
ニホンザルに似ている事もありなんとなく親近感を覚えるサルです。

テングザル

そしてもう1種この旅で絶対に見たかったサルがいました。

テングザル
     <テングザルだ!!>

それは意外とあっさり私の目の前に現れました。
長い鼻に、パンパンの太鼓腹。
会いたかったぜ野生のテングザル!!彼らは世界でもボルネオ島にしか生息していません。

テングザル

国内ではよこはま動物園ズーラシアのみで見られます。
以前ズーラシアでテングザル用に全く熟れていない硬~い「青バナナ」というものを与えているのを見たことがありました。
彼らの主食は木の葉です。葉っぱには多くの繊維が含まれていますが、お腹の中にはそれを消化するためたくさんの微生物が住んでいます。微生物に正常に働いてもらうためには、糖分の多い熟した果実より青バナナのような繊維が豊富に含まれている食物が良いのです。木の葉も季節ごとに購入したり、飼育担当者が自ら取ってきていました。

葉っぱを食べるテングザル

葉っぱ、むしゃむしゃ食べてました。そしてお腹がパンパン!
彼らの胃腸は体内の4分の1ほどを占めるともいわれています。
2011年には牛がやるような「反芻」行動も見られることが分かりました。Matsuda,I,et al.:(2011)
口に入れたものを胃の中に入れた後もう一度戻して嚙みなおす、というあれです。
意外とあっさりボルネオで見られるサルの割に、じつはあまり研究されておらず分からないことも多々あります。見た目も生態も本当に興味が尽きない。

 メスと子供
<メスと子供※クリックすると大きくなります>

口を覆い隠すほど鼻がりっぱになるのは大人の雄だけです。雌と子供はすこし鼻が高い程度。なぜこのような鼻なのか。
雄のみ大きいのは鼻が声を反響させるのに役立っていてこれにより大きな声を響かせることができるともいわれています。

もー全てがミステリアスでファンタスティックな生き物が目の前で飛んだり登ったり叫んだりしているわけですから大興奮でした。

飛ぶテングザル

自由自在に木から木へ飛び移るテングザルを見て興奮すると同時にふっとよぎったのは動物園の動物たちの事。
大自然の中でイキイキと動く姿を見て、これはかなわないな、と。
こんなに美しいの私は見せることができていない。

そんな想いも悶々と湧きつつスカウの夜は過ぎてゆくのでした。

 おまけ

ドリアン挑戦
人生初のドリアンに挑戦。
味は・・・ガソリンの匂いがするカスタードクリーム、という感じ。←私の印象ですよ!

「現地でも好きな人は好きだけど嫌いな人もいるよ。俺はあんまり好きじゃない。」と現地ガイドの方はおっしゃっていました。
個人的にはお土産で頂いたドリアンキャンディーよりはいける。でも、もういいや(笑)
東南アジアに行く際、ぜひ一度は。 

参考文献

ボルネオ島アニマル・ウォッチングガイド 安田繁樹著
ナショナルジオグラフィック 「研究室に行ってみた」川端裕人

Matsuda,I,et al.:(2011).Regurgitation and remastication in the foregut-fermenting proboscis monkey(Nasalis larvatus).Biol Lett, 7(5),786-789.

(飼育員 いのうえ)

2017年12月6日