×
閉じる

staff blogスタッフブログ (スタッフブログ)

カワウソのあれこれ

2018年1月31日

かみね動物園のコツメカワウソの獣舎は見たことがある方はお分かりかと思いますが、コンクリートの陸地があり、その周りに水が流れているような何とも簡素な造りになっています。

獣舎

     <こんな獣舎です>

実はこの獣舎はずっと前からここにあり、歴代数多くの動物たちが暮らしてきました。なので、カワウソのための造りにはなっていないのです。このような簡素な造りの獣舎だと刺激が少なく、暇な時間が多くなってしまいます。これを改善しようと先輩飼育員たちが行ってきたのがイキイキ計画です。

そんなコツメカワウソの担当になった新米飼育員があれやこれやと行ってきたことをちょこっと紹介します。

タワーの改築

新米飼育員がまず手を付けたのはハンモック付きのタワーの改築です。

平面だけでは限られたスペースしか使えませんが、そこにタワーを作ると縦に使えるスペースも増える!のぼったりおりたりという行動が増える!!そこにハンモックを付けると日当たりのいい場所で昼寝ができる!!!といい事ばかりのタワーですが、使っているうちにだんだんとボロボロに、、、。それだけ使ってくれているということは新しいものを作らなくては!ということで作り始めました。

旧タワー

      <以前のタワー>

新作タワーのポイントは不安定なハシゴ格子状の壁です!!

以前はハンモックに続くハシゴが丈夫な木の板でできていました。そこをカワウソたちは足を引っかけるところもないのに平気でスイスイのっていきます。そこでもう少し難しくしようと、消防ホースと木でできたゆらゆら揺れるハシゴを付けました。これで踏ん張らないとのぼれないのでいい運動になるなという魂胆です。

そして格子状の壁も付けました。材料は近くの100円ショップで購入!以前のイキイキカップはだいたい同じような場所に設置していました。これをいろんな場所に設置できれば変化をつけられる!さらにはイキイキカップの他にも簡単に付けられる!!という思いで設置しました。

新タワー

 <かなり使用感が出ていますが、、、>

初めはビックリしてなかなか使ってくれませんでしたが、慣れたら気持ちよさそうにハンモックで寝てくれました。

驚いたことに不安定でのぼりにくいだろうと思っていたハシゴもスイスイとのぼっていきました。これにはコツメカワウソの運動能力をなめていたと反省しました。しかし格子状の壁の方は何とか成功。イキイキカップを設置し、ここは取りにくいな、ここにつけるとこんな態勢で取るのかぁ、と試行錯誤しながら設置してます。

カップ 昼寝

      <奮闘タイム>               <お昼寝タイム>

イキイキタッパー 改

次はイキイキタッパーの改良です。

自然界で石の下や隙間などの狭い所に隠れている小魚や貝などを探すのが得意なカワウソはとても手先が器用な動物です。その狩猟本能を刺激するために作られたのが「イキイキタッパー」です。底の部分に前足が入るくらいの穴をあけたタッパーにエサとなる魚を入れます。そうすることでこの穴から手をつっこんでエサを取ろうとします。最初はなかなか取れず2時間も夢中になっていたそうですが、だんだんと慣れてきてヒョイっと取ってしまうようになっていました。この穴の大きさを変えて何度も改良を重ねてきたイキイキタッパーですが、今回変えるのは穴の大きさではなく、穴の場所です!

この場所に変化をつけてあげることで、今までは「こっちから手を入れれば取れる」と慣れているカワウソたちの虚をつくことができるのでは?と思いついたのです。そこで穴をタッパーの底ではなく横にあけてみました。そして更にふたの部分に空気穴をあけることで沈む時間が早くなり、より取るのが難しくなるようにしました。

タッパー タッパー

  <底バージョンと横バージョン>      <見えるのに取れないもどかしさ>

やはり最初は底の部分から取ろうとする様子が見られなかなか取れないといった具合に格闘している間にどんどん沈んでいきました。しかし穴を見つけてからは早かったです。上手にエサを取っていきました。それからは日替わりで底に穴があるタッパーと横に穴があるタッパーと使用しています。

イキイキ筒 陸バージョン

本来ならば水の中でエサを取るカワウソですが、寒くなってくると水の中には入りたくないようです。イキイキタッパーを投げ入れても後ろ足で踏ん張り、水面に浮いているタッパーを器用にたぐり寄せてエサを取るといった様子です。カワウソは2種類の長さの違う毛が生えていて二層構造になっています。そこに空気を貯めることができるためとても保温効果が高い体になっています。しかしその毛をもってしても寒いもんは寒い!!そこで陸の上で長くエサを食べることはできないかなと考えました。そこで「イキイキ筒」の登場です。イキイキ筒は竹の節と節の間に前足が入るような穴をあけてその中にエサを入れます。竹でできているため中身が見えず、手探りで探さなければいけません。エサがあってもなくても手をつっこんで探すというのがこのイキイキ筒のポイントでした。これをタワーの足場に設置してみました。

筒 筒2

やはり狭いところに手をつっこむのは得意のようで、ペレットという固形飼料を入れるとすぐに食いついてきました!

寒くなると全く水に入らないというわけではないのですが、食べ方のバリエーションの一つとしては成功なのかなと思います。もちろん小屋の中は暖かくなっていて、濡れた体をふくためのタオルもありますのでご心配なく!

こうやって振り返ると思い知らされるのは、動物は自分の思い通りに動いてくれない。ということです。しかし、そこが面白い!!

ここをこうしたらこんな反応をするかな?ここをこうしたら動物にとって楽しくなるかな?と考えることがとても楽しいです。そしてそれを実行して動物の反応を見るのがまた楽しい!!

そんな動物対飼育員の異種格闘技戦を楽しいなと思ってもらえるととても嬉しいです。

まだまだ改良できる部分が多くあるのでこれからもお待ちください。

ぬくぬく

              ウインタースポーツは好きだけど寒いのはニガテな飼育員 にしの

2018年1月31日

飛び出せ動物園!ボルネオ編part5

2018年1月17日

 ダナンバレー:魅惑のムシ王国

 ※昆虫愛からいつもにも増して長いです。飽きたよ!という方は写真だけでも流れ見してください。

 スカウから車で移動すること約4時間。ボルネオ島東に位置するラハダトゥ。

ここにはダナンバレーという保護区域があり多くの野生動物が暮らしています。森の中には観光客用にロッジが開設されここに宿泊して周辺をトレッキングしながら多くの生き物を探します。
伐採されていない巨木が多く立ち並び人の手が入っていない原生林でもあります。
私が夢にまで見たいわゆる「熱帯雨林のジャングル」!
今回の旅、このジャングルを訪れた最大の目的は野生のオランウータンを見ること。
そしてもう一つ、日本では絶対見られない昆虫をたくさん見たいと思っていました。

トレッキング開始! 
ガイドと共に早速ジャングルをトレッキング!
出会いは突然訪れます。

タマヤスデ

んーー、可愛い!!!たまらんのお。
ネッタイタマヤスデです。昆虫ではありませんが会いたかった生き物。
私たちの目の前をとことこ歩いていました。
まるまるタマヤスデ

敵からの防御はこのようにまるまること。
硬い外皮が身を守ってくれます。ダンゴムシのようですがダンゴムシとは別種です。
日本にもヤスデはいますがここまで巨大できれいにまるまるものはいません。

ヤスデの一種

ヤスデと言えばこちらも。Tractor millipedeの1種。和名が分かりませんが
Tractor(トラクター)の名の通り?キャタピラのような形態です。実にユニークな形。彼らは落葉土を食べてその糞はまた土壌の栄養となり木々の成長に欠かせないものです。
苦手な方はいるかと思いますが生態系における大切な分解者の役割を担っています。

トラフタテハ トリバネアゲハ
蝶2種。
トラフタテハとアカエリトリバネアゲハ(オス)です。
トラフタテハは東南アジアに広く分布する蝶で過去には沖縄での発見例もあります。
地域ごとに微妙に色や形状が違います。私はぱっと見たときに模様が緻密な細工が特徴の日本の伝統工芸品みたいだと思いました。羽が欠けていますが、なかなか俊敏に動き回る蝶でした。
アカエリトリバネアゲハは突然のスコール(大雨)の後に葉っぱの裏で休息しているところでした。漆黒のとエメラルドのコントラストがとても美しい大型の蝶です。マレーシアの国蝶にもなっています。
この蝶の仲間はその美しさ故、標本にされることも多く以前より数を減らしています。国外に持ち出されてしまうことも多くアカエリトリバネアゲハは国際取引には国同士の正式な書類が必要です。

地域によっては彼らが群生する場所もあるようでその光景はとても美しいとガイドが言っていました。いつか見てみたいものです。

大型アリ 小型アリ
腹が赤い1.5cmほどの大型アリと樹木に列を作る小型アリ集団。

世界には1万種ほどのアリがいると言われていて調べてみましたがこの種がなんというアリなのかは残念ながら分かりませんでした。(分かる方教えてください!)

テングビワハゴロモ

テングビワハゴロモ。とってもカラフルで奇妙な形をしていますがこの森ではごくごくふつうに見られる昆虫だそうです。

セミの仲間で、大きさも日本のツクツクホウシくらいはありそうでした。樹液が彼らの主なごはんです。
特徴的な頭部はどうしてこの形なのか実はよく分かっていません。そして何故にこんなにカラフルなのか。
鳥類もそうですがどうして熱帯の生き物はこんなにカラフルで形も多様性に富んでいるのか。派手な方がメスにモテるからだとか、天敵への警戒色だとか様々なことが言われていますがまだはっきりとしたことは分かっていません。
マレーシアの様な熱帯地域は気候が安定しており進化が進みやすいのであらゆる種が多様化しやすい、というのが一因にはなっているようですが・・・。

ツノゼミ

多様性に富んでいると言えばこちらも。ツノゼミの一種です。
先ほどのテングビワハゴロモと同様セミの仲間で世界中に多くの色や形態を持つものが分布しています。日本にもいますよ。

私が見たものは白黒のモダンな模様をしたツノゼミ。

彼らの中には天敵から逃れられるよう鳥の糞に擬態化したものやねじ曲がった頭部のもの、角が2つに分かれてるものなど、ツノゼミ専門の図鑑が出るほど多種多様です。
南米のジャングルに特に奇妙奇天烈な形のものが多いように思います。いつかほかのツノゼミを見るためにこちらにも行ってみたいものです。

モーレンカンプオオカブト

きっと子供たちが狂喜乱舞する!モーレンカンプオオカブト。

ハナカマキリ

あーこちらも野生のものについに会えた!!
ハナカマキリです。
ハナカマキリ

ハナカマキリというとこのイラストのようなもっとピンクっぽくよりランのような花に似せたものを想像するかもしれませんがこれは幼体です。まだ若い個体なのです。

ハナカマキリ

大人になるにつれて脱皮し、段々と花っぽさは無くなってきます。胸や翅の模様はどちらかと言うと枯れかけた花っぽい。
植物に自らの体を似せることで天敵から身を守り、さらに餌となる他の昆虫たちを騙すことができます。お見事!としか言いようがないデザイン。会えて嬉しい。
ダナンバレーでずっと案内をしてくれたガイドが見つけてきてくれました。

グラスホッパー?

ガイドが「~grass hopper」と言っていたのでバッタの一種なのは分かるのですが残念ながらきちんとした種が分かりません。この一帯では見られることが少なくなってきた貴重な大型バッタだと言っていました。葉のようなのでガイドに教えてもらえなかったら見落としてた。

トゲグモの一種

最早宇宙戦艦みたいなフォルムの生き物。トゲグモの一種です。つまりクモ!糸張ってます。
日本にも本州より南に生息していますが東南アジアの方があらゆる色形の種類が生息しています。
メタリックでトゲが生えているのでロックンローラーな印象を持ちました。

憧れのジャングルで大好きな昆虫・蟲をたくさん見ることができて幸せ。

でも今回の旅で見ることができた種はボルネオに生息するほんの小指のつま先くらい、いやそれ以下の数でしょう。
次回行ったときはもっと多くの種が見たいと早くも2回目のボルネオに想いを募らせるのでした。

おまけ

トレッキング仲間で

ダナンバレーを3日間案内してくれたのはジェフリー(Jeffery)というガイドさんです。
観光客がここで楽しい想い出を作ってくれれば森林保護への関心を高めるきっかけになっるという気持ちでツアーガイドをやっているそうです。
ちなみに1日だけ一緒に周ったウィルソンはなんとダナンバレーの近所に住んでいるとの事。

ダナンバレーは近場ながら全然知らないので来てみた、と言っていました。
その国の自然や文化の素晴らしさは案外住んでる人の方が気付きにくいものなのかもしれません。
私は日本の自然の豊かさをもう一度見直す必要がありそうです。

(飼育員 いのうえ)

2018年1月17日

イチゴ10歳!!

2018年1月9日

お正月気分の抜けない1月5日、「いち・ご」の日に生まれたイチゴちゃんが10歳のお誕生日をむかえました!

イチゴとゴウ(左がイチゴ、右はゴウ)

2016年の10月にいしかわ動物園から来園し、群れのメンバー全員と一緒になったのが12月。1年と少しが経過し今ではすっかりかみね動物園での生活に慣れた様子です。

昨年のお誕生日会は来園して間もないせいもあってかハプニング続出…職員が必死になってイチゴちゃんを呼ぶも無視されたのが懐かしいです…

今年はそんな反省を活かして臨んだお誕生日会。朝から寒くて人がいなかったらどうしよう…と思っていましたが、たくさんの方が集まってくれました!

プレゼント(準備したプレゼント)

ケーキは贅沢にフルーツをたくさん使って作りました。最後に集まってくれた子供たちにもイチゴを飾りつけてもらい完成!!

ケーキ盛り付け ケーキ盛り付けその2

(子供たちと飾り付け)

完成したケーキ完成☆

他にもダンボールや紙袋にもフルーツを詰めてみました。

たくさんの方が見守るなか主役が登場♪昨年は食べるまでに時間がかかりましたが今年はすぐに食べ始めてくれました。

ケーキに飛びつくイチゴ ケーキを食べる

他のメンバーが出てこないか後ろをチラチラ気にしていましたが、ケーキは全て食べることができました!

ただその直後に出てきたマツコにダンボールなどは全て取られてしまいました…

マツコ ゴウ

(色々ゲットしたマツコとケーキの乗っていた板を虚しく見つめるゴウ)

イチゴはお母さんが上手く子育てができず、いしかわ動物園の職員の方々に育てられました。かみねに来るまでは他のチンパンジーたちと生活することがなかったので、世間知らずの部分もありました。ただ優しいリーダーのもと予想よりも早く受け入れてもらい、群れの一員として過ごせるようになりました。

イチゴとゴウ

(ゴウを抱きしめるイチゴ)

まだひとりでいる時間も多いですが、自分からコミュニケーションをとりにいったり、子供たちと楽しそうに遊ぶ姿もよく見られます。

またメンバー達もイチゴが寝室から出てこなかったり、帰ってくるのが遅い時は気にして迎えにいってくれたりもします。

イチゴは10歳になりましたが、チンパンジーの一員としてはまだ1歳。今後も年齢と共に色々な経験を積み上げていってもらいたいな~と思っています。

満足そうなイチゴ

(口いっぱいに頬張り満足気なイチゴ♪)

来年のお誕生日もお楽しみに☆

(何かの間違いでまたお年玉をもらえる時がこないかな…と考えている飼育員 おおぐり)

2018年1月9日

クリスマス

2018年1月8日

クーリスマスは今年もやってくる~♪皆さんのもとにサンタさんは来たでしょうか?

私のもとには、まだ来ていないようなのでサンタさんはどこかで迷子になっている可能性が高いです。

さて、かみね動物園では、12月23日と24日にクリスマスイベントを行いました。

クリスマスだし、サンタさんに貰ってばかりではなくプレゼントする側にもなろう!ということで

クリスマスリースをアジアゾウとエリマキキツネザルにプレゼントしました。

こども園のサポーターさんたちが作ってくれたリースに皆でニンジンやリンゴの飾りをつけてプレゼントしました。

まず、23日にはアジアゾウに特大リースをプレゼント!

笹で出来た大きなリースをあげるため皆で飾りつけ開始☆

ゾウ用リース  飾り付け  飾り付け2

(特製巨大リース!)      (ハート型やホシ型の飾りを皆で協力してつけました)

リース完成

じゃーん!完成!立派なリースが出来ました!

よーし、さぁ、あげるゾウ!と最初は、運動場の外からあげようと思ったのですが・・・、

ゾウにプレゼント

外から何かを貰う事はなかなか無いことだったみたいで、ゾウたちはビビッて受け取らず・・・。

運動場まで持っていって渡しました。

ゾウにプレゼント2   ゾウ

なんじゃこりゃーと言わんばかりに床にバンバン叩きつけてから食べいていました。

楽しそうに食べれたみたいで良かった良かった。

翌日の24日は、エリマキキツネザルに蔓で出来たリースをたくさんあげました。

  リース   リース2

みんな思い思いの飾りつけをしてくれて、立派なリースが完成!

         リース完成

           (彩り豊かなリース!)

たくさん作ったので、4人がかりで飾り付けしました。

飾り付け

(どこにつけよう・・・)

 

 エリマキ エリマキ2 エリマキ3

飾り付けられた運動場にエリマキキツネザルたちは始めおそるおそるといった感じで入ってきました。

その後、リースの匂いを嗅いでみたり触ってみたりして、リンゴやニンジンがついていると分かるとボリボリ食べ始めました!

その後も、時間をかけて楽しんでくれたようです。

職員たちはもっと飛びつくかなと思っていたのですが、意外と慎重なエリマキキツネザルたちでした。

プレゼント大成功!!

両日ともプレゼントを一緒に用意してくれたお客さんも「こんな風に食べるんだ!」や「この飾りから食べるのね」など楽しんでもらえたようで良かったです!

また来年もやりたいですね!

 

また、園内ではクリスマス特別ラリーも開催しました。

動物の解説看板に隠れたサンタさんの落とし物を探し出して景品をゲットしてもらいました。

    ラリー    ラリー2

      (いろんな動物の解説看板を見て落とし物を見つけたぞ~)

ラリーを通して、いろんな動物の解説看板をに注目してもらえていれば嬉しいです。

解説看板には、いろんな情報がたっっぷりなので楽しんでもらえたのではないでしょうか。

さて、クリスマスイベントはまだ続きますが長くなってしまったのでいったんこの辺りで休憩。

この後は、クリスマス後編に続きますのでお楽しみに☆(年明けにあげる予定です。)

ではでは、みなさん良いお年を!

2018年1月8日