×
閉じる

staff blogスタッフブログ (スタッフブログ)

カピバラと温泉

2016年2月18日

 ついにかみね動物園も!?と思ったみなさま、申し訳ございませんが今回のブログは温泉に「いれる」でも「いれた」でもなく、「いれない」というお話です!

かぴばら カピバラ

                  <水ですよー>

読んだ後になーんだと思われそうなので先にお断りしておきますね!

さて、カピバラの担当をしていますと、かなりの頻度で「カピバラって温泉に入るんですよね」とか「かみね動物園のカピバラは温泉に入らないんですか」と聞かれます!

そして、いつも「うちは施設もお金もないのでいれてませんね~。」と答えます。

すると「そうなんだ!でも、オオア○イ水族館デハ・・・」と続いていきます。それに対する回答は後のお楽しみとして、このやりとり大袈裟じゃなく何十回と繰り返してきました!

それだけみなさまの中に「カピバラ=温泉」というイメージが定着しているのだと思います。

今回はこの動物園が抱えるイメージとの戦いについて少し書いてみたいと思います。

正直に言ってカピバラをお湯に入れるメリットはたくさんあります

・温かいお湯に入れることで寒さ対策になる

・お湯に入ることで乾燥から肌や毛を守れる

・冬でも水中にいるところを展示できる

・水中は彼らにとって安心できる場所であると同時に遊び場にもなる

かぴばら かぴばら

お湯が用意できない動物園の飼育員は考えました。じゃあお湯に入れないメリットってなんだ?

・カピバラが本来温泉に入る動物ではないことをお伝えできる!

かぴばら かぴばら

これしか思いつきませんでした。でもこれってすごく大事なことです。

世の中には動物に対するイメージというものがあります。

しかし、それが当てはまっていることもあれば間違っていることもあります。

動物園はその動物がどういう生き物でどこでどうやって暮らしているかなどを正確に伝えてこそだと思います。

だから「カピバラは暑いところに生息していて、お湯には入らない」という情報を発信するのです。

なので、先ほどの会話では「でもカピバラは熱帯地域に生息しているので、本来は暑いお温になんて入らないんですよ。アハハ」 と答えます。

余談ですが、おそらく外国の方に「カピバラって温泉に入るんだよね」と言えば「なにそれ!?」という顔をされると思います。(したことないのでわかりませんが、ぜひお試しあれ)

かぴばら かぴばら

私が担当するカピバラエティハウスには色々なイメージがついている動物たちがたくさんいます。

アライグマ=手を洗う、ヤマアラシ=ハリネズミ、タヌキ=道路で死んでいる、カワウソ=怖い顔、ハクビシン=害獣・・・などなど皆様の声に耳を傾けていると様々なイメージが聞こえてきます。

心の中では「そうじゃないんです!」と叫びながらいつも作業を行っています。時間があるときは積極的に声をかけて説明したり、説明板でお伝えしたりもしています。

やまあらし はりねずみ

       <ヤマアラシとハリネズミは全然違う生き物です!>
 

そんな中で新しい発見がありました!

みなさまのリアクションがはじめて知ったことに対しては「そうなんだ~」なんですが、自分が常識だと思っていたことが違うとわかったときは「そうなんだ!!!」になるんです!要するに人は自分の持つ先入観が覆されたときに、強く印象付けられるとういうことです。動物を知ってもらうには、興味を持ってもらうにはどうしたら良いかと毎日考えていますが、これは使えると思いました!

そんなわけで色々な動物の展示場で一句詠んでみましたのでぜひご覧下さい!

一句 一句

あなたの常識がかわるかもしれませんよ!

タヌキ タヌキ

<シンガポール動物園のタヌキは完全室内で冷房完備のVIP待遇でした。たまげた!!>

お湯でない お金もないなら 知恵を出せ

中本 一茶

2016年2月18日

バレンタインはゾウと一緒に…

2016年2月15日

2月14日はバレンタインでしたね。好きな人や大切な人、家族や友達にチョコはあげましたか??

動物園でも皆様へのバレンタインプレゼントとして「ゾウと一緒に記念撮影」という企画をご用意!!

ゾウと記念撮影1 記念撮影2

こんな素敵な写真が撮れました♪

13、14日の2日間20組限定で行いました。13時から整理券を配布したのですが時間前から並ぶ方もいらっしゃり、すぐに定員に達するほど大人気でした。

13日はお天気も良く暖かい日で絶好の撮影日和でしたが、14日は朝から強風の荒天…聞きなれない大きな音が鳴ったり、木が大きく揺れたりするとゾウたちも不安になるのかソワソワしてしまいます。どうなる事かと不安でしたが午後になると風も弱まり何とか撮影ができました。

撮影風景撮影風景。注目の的です!

待っている間には「すごい大きい!」「こんな近くで見るの初めて!」「鼻で上手にエサを集めてるよ!」などたくさんの声が聞こえてきました。

普段は少し離れた所から見ているため間近で見る迫力に感動!さらに大きな鼻息にも驚いていました。

ゾウにエサやり ゾウにエサやり2

撮影の後は直接エサをあげてもらいました。この時も鼻の使い方や触り心地に感動していました。

ゾウ班お疲れ様のゾウたちとゾウ班

2日間でたくさんの家族やお友達同士、大切な人と一緒に笑顔あふれる写真を撮影しました!素敵な思い出になったかな?

ゾウと一緒に記念撮影。なかなか出来ない経験ですので来年も要チェックですよ!!

(バレンタインだからと言い訳をしてチョコをたくさん食べる飼育員 おおぐり)

2016年2月15日

親子で飼育体験!

2016年2月13日

2月7日、一週間ほど前になりますが小学生とその家族を対象とした「親子で飼育体験」を開催しました♪

1組3名まで、8組の募集でしたが定員を上回る応募がありました。ありがとうございました。今回抽選にもれてしまった方もまたの機会に応募して頂けたら嬉しいです!

作業は9時半スタート予定でしたが、参加者の皆様優秀で15分前にはすでに揃っていました。

まずは朝礼。園長のお話しや、楽しく怪我なく作業するための注意点をお話しした後に各班の担当者たちと顔合わせです。

朝礼風景半日よろしくお願いします!

今回は4つのコースに分かれて作業をして頂きました。それぞれのコースで行った作業を少しずつですがご紹介します。

その1・ゾウコース

ゾウのウンチ掃除 ゾウの背中をお掃除

ペンギンにエサ エサきり 

大きな体のゾウはウンチも大きい!重たいウンチを一輪車にのせて何度も運んで部屋を掃除してもらいました。他にもゾウの背中を掃いたり、カピバラの部屋を掃除したり、ペンギンのエサを用意してもらいました。

ゾウ班集合写真お疲れ様でした!

その2・シカ、モルモット、ウサギコース

モルモット部屋の掃除 シカの運動場掃除

モルモット・ウサギの寝室とシカの運動場をお掃除。モルモットやウサギの体は小さいですが、たくさんいるためウンチもたくさん!寝る場所に敷いている乾草もおしっこを含んでいるためなかなか重い…

さらにシカのウンチは小さくポロポロたくさんするので終わりがなかなか見えませんでしたが最後まで頑張ってくれました。

 獣医体験 ヘビと記念撮影

モルモットの健康診断として聴診器で心音を聞いたり体温を測ったりもしました!

その3・チンパンジー、カンガルーコース

チンパンジーの餌準備 カンガルーの部屋掃除

カンガルーエサきり カンガルーと撮影

チンパンジー達の朝ごはんは運動場に隠して探してもらっています。参加者の方に隠すのを手伝ってもらいましたが、普段担当者が思いつかない場所に隠してくれたため見つけるのに時間がかかり楽しそうに食べていました!部屋を掃除をした後はカンガルーやマーラのエサを準備。サツマイモやニンジンなどを細かめにたくさん切ってもらいました。

最後にカンガルーにエサをあげに行きましたが警戒心が強く遠くからこちらを見つめるばかり…それでもジッと待っていると寄って来て、あげたエサを食べていました!

その4・サイ、カバ、ポニーコース

サイの運動場 サイの寝室

乗馬体験 ポニーと集合写真

運動場にいるサイを観察したあとは寝室の掃除です。ゾウより小さいとはいえサイも体が大きいためウンチも大きい!なかなかの重労働でしたがきれいに掃除してくれました。

ポニーにはブラッシングなどを行い、さらに乗馬もしてもらいました。

お昼ごはん 賞状授与

頑張って働いた後のご飯は美味しい!?園長や飼育員を交えながらお昼ご飯を食べ、最後に修了証を授与して無事に解散となりました。寒い屋外での作業は大変でしたが、最後まで楽しんで頂き本当にありがとうございました。お疲れ様でした!

この体験を通して飼育員がどんな風に動物達のことを考え、どんな仕事をしているのか少しですが伝わったかなと思いました。また、感動したことや怖かったことなどを家族で共有してもらえたら嬉しいです。

動物園では日々色々な体験ができるイベントを開催しています。なかなか参加できない方が多いとは思いますが、こういった体験のなかで動物園や動物への理解をより深めて頂けたらと思います!

(大学生になるまで飼育体験をしたことのなかった飼育員 おおぐり)

2016年2月13日

おにが来た

2016年2月8日

2月3日は節分。大人になるにつれてやらなくなる日本の風習・・・。
でも久々に豆まきしたんですよ。職場の仲間達と閉園後誰もいない園内で。
折角だからと動物たちのいる場所に撒いたところ、カバは無視、シカはきれいに食べてくれましたとさ。
さて、正統派?豆まきも先週イベントで行ないました~!
お客さん

イベントはチンパンジーの森で行ないました。
寒い中、多くのお客様。ありがとうございます。

紙芝居 紙芝居2
まずは職員手作りの紙芝居を読ませていただきました。
内容はチンパンジーの森で今起こっていることについて。
彼らが住むアフリカの森では今大規模な伐採や密猟などが原因で
チンパンジーたちが数を減らしています。
かわいそうなチンパンジー・・・悪いのはそんな事をする人間だ!!!
物語が佳境に差しかかったその時・・・
鬼
 <チンパンジーはどこだぁぁぁぁ~!?>
大きな声とともに鬼が登場!!彼らは森を荒らしはじめました。

鬼 木を切る鬼
チンパンジーを捕まえようとしたり・・・  木を切ろうとしたり・・・・

このままではチンパンジーの森がめちゃくちゃになってしまう!
絶望に打ちひしがれる飼育員の前に現れたのは・・・
豆まき
   <鬼は~外!福は~内!!>
お客さん2
本日集まってくれたお客さんは鬼退治のために豆をめいっぱいぶつけてくれました。
「うわ~いててて、やめてくれぇぇ~」
ちなみにぶつけているのは落花生なので当たると結構痛いです。
おかげで鬼は退散。チンパンジーの森は勇敢な皆様のおかげで守られたのでした。
紙芝居
鬼を追い払ってやれやれ一件落着・・・。
かと思いきや飼育員から更なる紙芝居の続きが。

実は木を切ったりチンパンジーを捕まえようとする人たちも
貧困に喘いでいたり家族を養うために仕方なく、だったり。
生活事情から行なっていることもあり一筋縄では解決しない問題なのです。
森を守るために木を切らせない、密猟させない、と口にするのは簡単ですが
こういった現地の人の暮らしも考えながらチンパンジーと共に生きる術を探さなければなりません。
複雑な話になりますがそれについては多くの議論や知恵が必要と考えます。
参加してくれた方が少しでも考えるきっかけになってくれたのであれば幸いです。
チンパンジー豆を食べる 豆をひろう
さあ、豆を撒いた後はおまちかねチンパンジーの登場!!
みんな夢中でひろって食べています。
むしゃむしゃりょうま

むしゃむしゃリョウマ。

マツコ落花生を手にいっぱい
左手にいっぱいの落花生。強欲!!

人もチンパンジーも思い思いに楽しんだかみねの節分。
来年も鬼はどこかに現れるかも??
次回の節分も乞うご期待。

<おまけ>
裏側
鬼たちの裏側。赤鬼リーダーを中心に綿密な鬼会議中。

(飼育員 鬼役クセになりそうないのうえ)
 


 

2016年2月8日

10歳!5歳!

2016年2月8日

2月7日はマンドリルの「ケンシロウ」君とチンパンジーの「ゴウ」ちゃんのお誕生日☆ケンシロウ君は10歳に、ゴウちゃんは5歳になりました!

マンドリル チンパンジー

ちょうど日曜日ということもあり、皆様と一緒にお祝いをしようとお誕生日会を開催。

マンドリルではいつものおやつタイムと異なり、簡単なケーキ?のようなものを用意しました。普段はあまりフルーツ類はあげていないためお誕生日特別バージョンです!

ケーキ見た目はともかく内容が豪華!

東武動物公園で生まれ、4歳でかみね動物園にやってきたケンシロウ君。6歳からお誕生日会を開催していますが、毎年たくさんの方に集まって頂き一緒にお祝いをしてもらいとても嬉しく思います。来園してすぐの頃は顔の色も地味で体も華奢でした。それが今では顔の色は鮮やかになり、体格もがっしりと立派になりました。色々と心配していたため本当に成長したなー、と改めて感じます。

来園直後のケンシロウ来園してすぐの頃。幼い!

誕生日会お誕生日会の様子ありがとうシール参加者の方へ「ありがとうシール」

お誕生日会が長くこの先も続けていけるよう、ケンシロウ君には元気でいてもらいたいです!

続いて、チンパンジーのお誕生日会。

こちらでも普段はあげていないような豪華なフルーツを使いケーキのデコレーションをしてもらいました。ちなみに土台はパンとヨーグルトです。

今回デコレーションしてもらったケーキは2個。主役はゴウちゃんだけなのにどうして2個?と思われるかもしれませんが、1個はお母さんのヨウちゃん用。毎年お母さんがほとんど食べてしまうため、ゴウちゃんもどちらかはゲット出来るようにするためです。

ケーキ盛り付けたくさん盛り付けてもらいました

チンパンジー達には一度寝室に戻ってもらい運動場にケーキをセット。そしてお待ちかねのゴウちゃん登場です!

最初はケーキに気づいてませんでしたが、気がつくとすぐに駆けつけ…

ケーキを抱えるゴウあら?両手で持ちました…

ロープを駆け上がる持ったまま器用にロープを登っていきます…

タワーでケーキを食べるタワーの上で食べ始めました…

予想していなかった展開にビックリ!さすがに毎年食べられないため、どうしたら良いのか考えたようです。5歳にしてやっとまともにケーキを食べられたゴウちゃん。良かったね!

ヨウお母さんも独り占めちなみにヨウお母さんはもう一個を独り占めです。

人工哺育となっていたゴウちゃんも今は立派な群れの一員。この先も仲間達と仲良く楽しく暮らしてもらいたいです!

寒い日が続きますが立春もすぎ少しづつ春が近づいています。晴れた日 (もちろん曇りや雨の日も)にはぜひ動物園に遊びに来てください♪

(花粉症も近付いてきたマンドリルとチンパンジーの担当 大栗)

2016年2月8日

お久しぶりです。コツメカワウソのイキイキ計画!

2016年2月6日

数年前から「イキイキ計画」と題してコツメカワウソの展示場やエサを改良した様子をご紹介していました。そこからだいぶ間が空いてしまいましたが、また新しい取り組みを始めましたのでご紹介します。

 かわうそ

以前に行なったものはこちら↓

その1・その2

http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/blog/staff/900/blog201302.html

その3

http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/blog/staff/900/blog201303.html

その4

http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/blog/staff/blog201304.html

その5・その6

http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/blog/staff/blog201308.html

その7

http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/blog/staff/blog201310.html

※他のブログと一緒になっているので、下にスクロールすると見ることが出来ます
 

今回の試みは名づけて「イキイキダート」です!

なんのこっちゃかわからない名前ですが、要するにグラウンド内に土を入れてみました!

つち

        <じゃーん>

展示場は全てコンクリートなのでこれまでカワウソたちが土に触れる機会はありませんでした。

当園に来る前を考えても、2頭とも土に触れるのは生まれて初めてのことだと思います!

じつは展示場に土を入れたいという思いは以前からありましたが、土で排水が詰まる危険性から踏み切れずにいました。

しかし、最近メスの「なつこ」が自分の毛を抜いて遊ぶようになってしまい、なにか環境を変えてやめさせたいなと思い土を入れてみました!

つち

      <セット完了!>

どんな反応をするかなとワクワクしながら見ていましたが、ただにおいを嗅ぐだけで寝てしまいました。

がっくり・・・。

カワウソは好奇心も強いのですが、慎重さもアリ、さらには飽きるのも早いというやっかいな相手です。

アライグマなら何も気にせずめちゃくちゃに遊んでくれるのに・・・。

つち

     <初日はここまで>

次の日午前中の掃除をしているときにその瞬間は訪れました。

中に入って穴を掘ったり、顔を突っ込んでにおいを嗅いだり実にイキイキしてるではありませんか!!

前肢が器用なのは知っていましたが、上手に穴を掘る姿には感心してしまいました。

顔を泥だらけにしているカワウソを見ることが出来て大満足です!最終的には土の上でゴロゴロ寝転がってくれることが目標です。

かわうそ かわうそ

雨対策をしていなかったので水溜りになってしまい使用頻度が下がってしまったので、改良の余地はありますがひとまずは成功!

顔を泥だらけにした野性味あふれるカワウソをお楽しみ下さい!

かわうそ

イキイキ計画は今後も続く・・・。

たまにカワウソ担当 中本

2016年2月6日