×
閉じる

staff blogスタッフブログ (スタッフブログ)

にゃんにゃんにゃーーん!!

2015年2月28日

さて、みなさん2月22日は何の日と言われているかご存知でしょうか?

正解は「ネコの日」!!2月22日、ににに、にゃんにゃんにゃん…ということみたいです。かみね動物園に猫はいませんが、ネコ科のライオンやトラがいます。

ライオンイケメンライオン「きぼう」君

せっかくのネコの日、ということでライオンやトラのことを知ってもらおうとイベントを開催!

段ボール遊具段ボールに書かれているのはライオンとトラが野生下で獲物として捕らえている動物たち。

ネコ科ガイド中ここでクイズ!段ボールに描かれているシマウマ、キリン、クジャク、シカの中でトラの獲物は?

正解は…クジャクとシカです!大人の方でもよくトラがシマウマを食べている、と勘違いされていますがトラはシマウマの生息地であるアフリカにはいません。このためシマウマを食べるということは絶対になんいですよ。

お肉鶏頭

そしてこちらは動物園で与えているエサ。左は牛肉、脂肪の少ないものです。右は苦手な方もいるのでピントの合っていない写真ですが鶏の頭です。赤身のお肉ばかり食べていては栄養もかたよってしまうので骨や脳みそもそのまま食べられる鶏頭は動物園ではメジャーなエサの一つ。気持ち悪い、という方もいますがこれは私たちヒトが食べている鶏の頭の部分。食べられるのに捨ててしまうのはもったいないですよね。

お絵描きお肉を段ボールへ

続いては段ボールにお絵描き。この中にお肉をいれてライオンやトラへのプレゼントにするため一生懸命描いてくれました。出来上がったら中にお肉を詰め込みます!

プレゼント設置お肉プレゼント

職員が展示場にお肉入り段ボールをセットし準備完了!ライオンとトラの登場を待ちます…

さわトラのさわ

まずはベンガルトラのさわちゃん。勢いよく駆け寄っていきましたが中のお肉よりも段ボールに夢中!爪をたてて潰し、ころがし、楽しそうにしていました!

トラは単独生活者、といって野生でも1頭で暮らしています。かみね動物園でも現在はさわちゃん1頭で暮らしているため、マイペースにお肉を食べていました。

さわ満足満足!!

そして続いてライオン。こちらは群れで生活をし、現在は母親と息子、娘達で暮らしています。段ボールは頭数分用意していましたが果たして…

ライオンライオン

先に出てきた母と娘たち。それぞれ段ボールに一直線!楽しそうに喰らいつきます!

続いて出てきた唯一のオス、きぼう君。

ライオンライオン

まだ誰も手に付けていない段ボールがあるのに、メスたちのものを奪いに行ってしまいました…野生でもライオンのオスは自分の強さを示し、獲物はメス達より先に手を付けます。ライオンの世界では悪いことではないのですが、今回はちょっと興奮しすぎたのか取っ組み合いになってしまいました…

ライオンびっくり

観ていた来園者のみなさんもちょっとビックリしていましたが、普段は休んでいるイメージのライオンの強さを改めて感じられたのではないでしょうか。

ちょっとしたハプニングはありましたが、動物たちは満足そうでした!参加して頂いたみなさまありがとうございました☆

来年のネコの日はどうなるかな?

(飼育員 おおぐり)

2015年2月28日

バレンタインだゾウ~!

2015年2月19日

2月14日のバレンタインデーにかみね動物園ではゾウと一緒に写真を撮ることができるイベントを行いました。

長蛇の列

20組限定の整理券配布は大人気!

普段はいることができない展示場に入ってゾウと大接近できますからね~。

滅多にないチャンスに長蛇の列ができました。

はいぽーず 
はい、ポーズ!

こんな感じで撮ることができます。

バレンタインデーだからか心なしかカップルが多い?

仲睦まじい姿に心もほっこり。

当園の飼育員は全員大きな心の持ち主なので、みんな羨望・・・いや優しいまなざしで彼らを見つめます。

大人数でも お母さんとこどもたち

大人数でも家族でも。
ちょっとゾウの大きさにびっくりしちゃう子もいたけれど、みんな笑顔です。

ニンジン

終わった後はゾウににんじんをあげて鼻を触ることができます。

檻越しでない間近のゾウに大人も子供も大喜び!

笑顔で写真に写る皆さんを見て私たちも自然と笑顔になれました。

これからもそんな動物園であり続けようと再認識したイベントなのでした。

(飼育員 いのうえ)

2015年2月19日

肉食いねぇ!

2015年2月15日

2月9日「肉の日」にちなんで、2月8日に「肉食系飼育員による肉食ガイド」を行いました!

なんだか文字だけ見るとよくわかりませんが、要するに動物がお肉を食べてる様子を見てみようというイベントです!

 がいど

   <私たちが肉食系飼育員です!>

では、当日の様子をご紹介します。

各担当者はりきって準備をしていたのですが、当日はあいにくの雨模様。

しかし、そんな雨の中でも、たくさんの方がガイドを聞きに集まってくれました。ありがとうございました!!

そもそも肉食動物とはなんだろうということですが、その名の通り肉を食べる動物です。

ただ、我々も肉を食べますが肉食動物ではありませんし、ちょっと定義があいまいです。

そこで、今回のガイドでは肉だけを食べる動物ではなく「裂肉歯(れつにくし)」とよばれる肉を切り裂く歯を持った仲間、分類上は食肉目(しょくにくもく)やネコ目と呼ばれる動物にお肉をあげました。

肉食系飼育員とは、恋愛にガツガツしているのではなく、ガツガツ働いている飼育員!と一応お断りしておきますね!


まずは、ニホンアナグマにお肉をあげました!

アナグマ 

ガイドをするのは肉食系飼育員の木村さん。実は彼女、昨年動物園に入ったばかりで今回が初ガイドでした。

がいど がいど

アナグマは見た目はタヌキのようで、名前はクマのようですが、食肉目の中でもイタチの仲間(イタチ科)に分類されます!

イタチ同様、アナグマは純粋に肉だけを食べるのではなく、果実や木の実、昆虫などなんでも食べる雑食性です。ガイドではお肉の他に煮たサツマイモをあげました。

アナグマの特徴がわかるように落ち葉のプールにエサを隠します。

がいど がいど

アナグマはその名の通り穴掘りが得意で、野生下では鋭い嗅覚を頼りにモグラやミミズなどを掘り当てて食べています。

ガイドでも鼻を落ち葉に突っ込んでエサを探す姿が見られました!


次はカピバラエティハウス周辺の動物たちです。ここには4種類の肉食動物がいます。

ガイドをする肉食系飼育員は私です!

まずはカワウソから。カワウソはアナグマと同じイタチ科です。食肉目に分類されていますが肉よりも、魚を中心に甲殻類や貝類、両生類など水辺の生き物を食べています。

本来なら水の中でエサを捕まえる様子を見てもらおうと思っていたのですが、気温が低いことと若干体調がすぐれなかったので陸でエサをあげました。

器用に前肢を使って魚を食べている様子を見ることができました!

カワウソ カワウソ

お次はハクビシン。ハクビシンはジャコウネコ科というマニアックな仲間に分類されます。

ハクビシンも肉専門ではなく果実が主食の雑食です。もちろんお肉も大好きです!

お肉をあげる前に、本日用意したエサをご紹介。本日の献立は牛肉、鶏頭(ニワトリの頭)、アジ、昆虫です!

 がいど がいど

ハクビシンには牛肉をあげました。

夜行性でなかなか動く姿を見られないので、食べる姿ももちろんですが活動的に動いているハクビシンに感動といった様子でした。

 がいど

次はアライグマです。アライグマはクマやタヌキに間違われますが、そのままアライグマ科というグループに分類されます。 

アライグマは適応力が高く、肉以外でもエサをなんでも食べるのが特徴です。

用意した4種類のエサをすぐに食べてしまいました!

野生での好物はザリガニやカエルなどの水辺の生き物です。水の中にアジを入れたところ前肢で器用に拾って食べていました。(食べている写真がないのが残念)

がいど がいど

次はホンドタヌキです。タヌキはイヌ科に分類されます。

見た目や食べ物はアライグマ近いですが、タヌキは前肢で物を持つことができないので犬食いです!

奥歯でバリバリ音をたてながら食べている様子が観察できました!

 がいど たぬき


最後は肉食動物の代表トラとライオンにお肉をあげました。

トラ・ライオンは皆さんご存知の通りネコの仲間(ネコ科)に分類されます。

担当の肉食系飼育員は井上さんです!

純粋な肉食であるトラ、ライオンは食べ物をすり潰す歯を持ちません。

肉を鋭い裂肉歯で噛み切ってそのまま飲み込み、超強力な胃酸で消化します。

ちなみに、鋭い牙(犬歯)は獲物を捕らえるために使う歯なので、食事の時は使用しません。

らいおん がいど

ガイドでは、頭骨を使ってお話しをした後、大きな骨付き肉をあげました!

らいおん らいおん

ライオンは他の個体に取られないように隠しながら食べてしまったので、ちょっとわかりづらくなってしまいました。

お肉を食べる姿はいまいちでしたが、取られまいと威嚇のうなり声をあげていたのでライオンの迫力はお伝えできたかなと思います。

とら トラ

トラは裂肉歯を上手に使ってお肉を食べている姿を見せてくれました。

アゴの力も強力なので骨ごと噛み砕いて食べます。こちらも迫力満点!

がいど

今回のガイドを通して同じ肉食動物でもそれぞれ食べる物や食べ方に違いがあることをわかってもらえたかなと思います!

また、ガイドではご紹介しませんでしたが、食肉目の中にはレッサーパンダのように肉を食べない動物もいます!

次回ご来園の際は、動物ごとの食べ物の違いや食べ方の違いにも注目してみると新しい発見があるかもしれません!!

最後に、悪天候の中ガイドに参加して頂いた皆様本当にありがとうございました!

肉食系飼育員 中本

2015年2月15日

福よこいこい!動物園の節分

2015年2月8日

2月3日は日本の伝統行事「節分」の日です。

節分とは冬が終わり立春となるその前日に春の訪れを祝う行事です。

その際、邪気を払うために豆まきを行います。

鬼の面

邪気に見立てられるのが鬼。

いつだって悪者は鬼なんですよね。鬼だって頑張ってるんですよ。
絵本「泣いた赤鬼」は涙なしでは読めないですよ。

これからまきます

動物園の節分は動物の展示場に豆をまきます。

と言っても動物を鬼にするのではなく彼らのごはんになるように、そして

福がやってくるよう願いを込めて豆まきをします。

まずはアライグマ!

待機する人 待機するアライグマ

豆を持って待機する人たち。待機するアライグマ

豆をまく人

ふくはーうち!

豆を食べるアライグマ豆を食べるアライグマ

アライグマは手先がとても器用な動物です。

小さな豆も小さな前脚でもって食べます。

ニホンザル 

続いてニホンザル。

山で待機する彼らは豆がまかれると・・・

ニホンザル

一斉に降りてきました!

彼らの中では順位がついており力が強く体の大きいものが他のサルを蹴散らして奪っていく様子も・・・。

豆をつまむニホンザル

そんな中ゲットできた豆。

夢中で食べていました。

次はチンパンジー 

最後はチンパンジー!

午前中は飼育員お手製の恵方巻きでご満悦だったチンパンジーたち。

午後はみんなで豆をまきます。

豆を拾うチンパンジー  豆をつまむチンパンジー

夢中で拾い集めます。

チンパンジーは物をつまむ指の使い方がヒトと違うと担当者が言っていたのですが、

右の写真見て分かりますか?

普通ヒトは親指と人差し指で物をつまみますが、チンパンジーは人差し指と中指を使っています。

チンパンジーのつまむ真似 

担当者にも実演してもらいました。
 

ぜひ皆さんおやつタイムの時にじっくり観察してみてくださいね!

たくさんまいた豆のおかげで動物園にも福が呼び込まれたでしょうか?
今年もみんな健康に幸せに過ごせますように。

(飼育員 かわそえ)

2015年2月8日

恵方巻

2015年2月2日

2月3日は節分!動物園でも少し早い節分のイベントを先日行いました。

恒例の動物たちに豆まき、ともう一つ…チンパンジー達に恵方巻をプレゼントしました!

恵方巻試作品の恵方巻

のりの代わりを竹として、中にごはん、人参やキュウリなどを詰めてみました。

細い竹もありチンパンジーたちの指がギリギリ入る程度。ちょっと意地悪に見えますが時間をかけて食べてもらうためなんです。

パンは毎日少しあげているのですが、ごはんはあげていません。食べなれないごはんに果たしてどんな反応を示すのか…

ユウ ゴウとリョウマ

猛ダッシュで他のチンパンジーの恵方巻を奪いにいき手に持てないほどのマツコちゃん、そんなマツコちゃんに遠慮するユウ君…

マツコ マツコ

チンパンジー同士の関係性が見え隠れしましたが、なんとか全員無事にゲット!米粒を顔や体にくっつけながら食べてくれました。

ゴウ

チンパンジーにはイベント毎に色々なプレゼントをしています。次のプレゼントは何かな?お楽しみに~☆

リョウマ

(チンパンジー担当 大栗)

2015年2月2日

今年の干支は?

2015年2月1日

1月が終わりましたね。ところで皆さん、今年の干支はなんでしょう!覚えてますか?

正解は…

ヒツジ羊(未)です

年明けは覚えていたけど、もう忘れちゃった…なんて言わないでくださいね。

かみね動物園でも昨年の10月に奥日立きららの里からサフォークのメス、「チリコ」ちゃんがやって来ました。11月からは年賀状撮影で大活躍!人工哺育のため人懐っこいのですが、やんちゃで頭突きをすることもありましたが無事に大役を果たしてくれました。

羊年賀状チリコと園長

1月に入ってからはわんぱく広場に登場!

羊ヒツジ

「ふわふわしてる!」「あったかい!」「セーターだ!」「手が中まで入っていく!」「意外と毛がしっかりしてる!」

などなど、たくさんの声が飛び交っていました。

子供たちだけでなく羊は知っているけど触ったことのない大人の方も多く、新しい発見があったようです。

また、トイレを教えているわけではないのでチリコは好き勝手に排泄をしていました。

それでもウンチが小さくポロポロしている、という事なども大きな発見のようでした!

動物に関する知識は本やパソコンで調べることはできますが、大きさを実感したり、触ったり、臭いをかいだりということは動物園ならではです。寒い時期ですがぜひ遊びに来て下さい!

ちなみに大活躍だったチリコちゃんは1月いっぱいで出張を終了し、奥日立きららの里へと戻りました。

こちらも機会があればぜひ会いに行って下さいね!!

チリコありがとう☆

(飼育員 おおぐり)

2015年2月1日