×
閉じる

staff blogスタッフブログ (スタッフブログ)

はにわDEアニマルPart1~はにわ職人になってみた!~

2019年3月20日

 

2月17日、24日にズーハクイベントをおこないました!

※ズーハクとは、日立市にある動物園(ズー)と博物館(ハク)で一緒に何かしよう!ということで企画されたイベントです。

5回目となる今回は「はにわDEアニマル」ということで、みんなで古墳や埴輪・動物の形の秘密について学びながら自分だけのどうぶつ埴輪をつくりました。

まず最初に、そもそも埴輪とは何なのか!ということについてお話がありました。

埴輪ってなんだろう

<そもそも埴輪ってなんでしょう?みんなは知ってるかな?>

踊っている人の形の埴輪は多くの人が知っている有名なものですが、実は埴輪にも色々な種類があり、ただの筒のようなものから家の形をしたもの、兵隊の形をしたものなど形は様々です。

その中にはどうぶつの埴輪もあります。

そこで、昔の人がどんなどうぶつ埴輪をつくったのかクイズをおこないました!

どうぶつ埴輪クイズ <何の動物の埴輪でしょう?>           正解はイノシシ<正解はイノシシ!>

1500年ほど前のものでも、意外とみんなパッとわかっていました!

ムササビ

<この被膜はムササビが木から木へ移動するときに活躍するよ>

クイズで昔の人たちがどれだけ動物の特徴をとらえて埴輪をつくっていたか分かったところで

待ちに待ったはにわ作り…、ではなく埴輪って何だっけの復習。

はにわの復習

<はにわって何だったか覚えているかな?>

2日目の24日は特別ゲストがきてくれました!

かの有名な邪馬台国の卑弥呼様とお付きの方が登場!

ヒミコ様と家来

<卑弥呼様&お付きの方 タイムマシーンできたようです>

卑弥呼様が「古墳はいつからあるのか」や「何のために埴輪を作るのか」など

古墳について時に優しく・時に厳しく教えてくださいました。ありがとう、卑弥呼様!

 そして、本日のメインイベント!埴輪作りです!

粘土を使ってこねこね、古墳時代の人になりきり制作します。

はにわの作り方<埴輪の土台をまずは作るよ>  

はにわ作り方<埴輪作りの説明中>  

こねる<意外と粘土が固い!>

土台完成<模様をつけて土台完成!>

土台が完成したら次は自分が選んだ動物を作ります!

参加された皆さんには、事前に自分の作りたい動物の写真をとってきてもらいました。

動物作成中

<レッサーパンダの特徴はなんだろう>

動物の写真を見ながら、その動物の特徴をとらえた埴輪をつくっていきました。

みんな、特徴をよくとらえて作っています。

カピバラ <毛並みまでばっちしのカピバラ>      うさぎ<細部までこだわって制作中>

みんな自分のこだわりを持って動物の特徴をしっかり活かした埴輪を制作してくれました!

埴輪を作る際に、自分で撮ってきた写真を見ながら動物がどんな形をしているのか・なぜその形なのかなど普段よりもじっくり観察して気づけたかなと思います。

また、博物館でいろんな埴輪を見る際も今までとは違った目線で見れるようになっていれば嬉しいです!

  埴輪完成1  埴輪完成2

<自分だけのどうぶつ埴輪完成!>

しかし!このイベントは埴輪完成で終わりではありません!

埴輪は古墳においてこそ!そこで後日、自分のどうぶつ埴輪を古墳におきに行きました!

その様子はブログパート2でご報告します!

 

2019年3月20日