×
閉じる

staff blogスタッフブログ (秋葉悠希のブログ)

バルミーの闘病生活~子宮蓄膿症?!~part3

2018年4月24日

※前回のブログ:  http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/blog/staff/akiba/p066437.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



※一部ショッキングな写真があるかもしれませんのでご注意ください。

 

12月6日。

いよいよ、バルミーの手術の日。

朝の打ち合わせ

 

朝早くにみんな集まり(助っ人ありがとうございました)、もう一度しっかり打ち合わせ。

よし!!!

麻酔銃

麻酔はじめ

「バーン!!!」

 

麻酔銃で麻酔導入。

動かなくなったことを確認して、同じ空間に入ります。

 

 

はい!打ち合わせどおり、

 

ものを運んで手術室をセット。

 

体重計って、

処置はじめ

 

 

気管挿管して、  ※麻酔・呼吸の管理のために気管にチューブをいれます。

 気管挿管
気管挿管

留置して点滴開始。 ※血管に管を通して、点滴します。術中感染や術後の腎不全などを予防します。

(左の前足の血管を使いました。)

 静脈確保

術野の毛刈りと消毒をして・・・
術野消毒

(例のバリカン大活躍!)

 

っとさらっと書いてますが、ここまでで大体1時間。

獣医として、まだまだな私。モタモタ、お恥ずかしい限りです。

 

 

さて、おなかを開いて、卵巣と子宮を取り出します。(こっちはベテラン組のお仕事。笑)

手術開始

手術
 

出血も少なく手術は順調に進んでいきました。

 

取り出した子宮は、ポコポコと壁が厚くなっていて、内側の粘膜のところが赤く充血しているようでした。

 子宮

子宮に切れ目をいれると、とろ~っと粘液が落ちる感じ。

目で見た感じ、子宮に異常があるんだろーなという印象でした。

どんな状態なのか、詳細を知るために、そのまま病理・細菌検査をお願いしました。

 

予定していたよりも早く終わって、バルミーの覚醒も順調に進んで、ばんばんざーい!!

 

 縫合

悪そうな子宮もとれたし!バルミーもしっかりしてるし!

あ~、すっきり、すっきり~

 起きたバルミー

 

(なんか痛いじゃないの…ボーっとするし。イラッ)

とお祝い・安心モードの園内で

 

「こんなスムーズに、うまくいっていいのか・・・?」

と一瞬でも思ってしまったのがいけなかったのか、このあとまだ戦いが続くことに・・・

 

でも、そんな考えは一瞬で消え去り!数ヶ月ぶりの安心・安堵のあまり、にやにやがとまらない一日を過ごしたのでした~

 

Part4に続く(けっきょく続くんかいっ・・・)

 

(おいしいカレーライスを食べ、おいしい晩酌をいただき完全に浮かれていた獣医師・あきば)

2018年4月24日

バルミーの闘病生活~子宮蓄膿症?!~part2

2018年4月10日

※前回のブログ:http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/blog/staff/akiba/p066436.html

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



1日2回の抗生剤を毎日飲んでくれたおかげで、元通りの元気をとりもどしたバルミー。

 

その裏で、私たちは何をしていたかというと…

 

 

同じような症例で手術を経験した動物園から、たくさんお話やデータを集めること

ライオンを多く飼育している関東の動物園の方々に手術の写真や動画を見せてもらいました。

手術の準備や方法で、私たちが不安なことについて質問してアドバイスしてもらいました。

このおかげで、「うちでもできそうだ!」という希望をもつことができました。

本当に感謝しかありません!

 

 

手術に必要な器具や機械、薬、人手をそろえること

手術の方法自体は、難易度の高いものではありません。ネコの避妊手術と似たようなものです。

でも、最低限必要なものがなければ、安全に・速やかに手術を行うことはできません。

これまで、かみね動物園では、大きな動物で、長時間かかる開腹手術をしたことがなかったので、たくさん準備することがありました。

 

 


・バリカン
(ライオンの毛は脂っぽいので、私は術野の毛刈りに不安を感じていました。でもこれで一発!すんなり毛刈りに成功!)

バリカン

https://www.amazon.co.jp/Osterより転載

バリカン刃

 

・気管チューブ
(これまで気管挿管をしたことすらなかったのですが、手術時間は5,6時間を想定…安全な麻酔のため、呼吸の管理のために必要なものでした。しかも、ライオン…とにかく気管は太い!牛や馬用の大動物のものを使いました。)

 

 気管チューブ


・麻酔のモニター
(心臓の動きや呼吸の状態を把握します。)

 酸素モニター
心電図

 

・滅菌ガーゼ
(だけではたりなさそうなので、滅菌タオルを何枚も用意しました。止血につかったり、手術器具を置いたり、万能屋さんです。)
滅菌ガーゼ・タオル

 

・鉗子
(手術器具のひとつです。止血をしたり、なにかを引っ張り出したり、とめておいたり。当園にある鉗子ぜーんぶを使ってやっと足りるかなという感じ…)

鉗子

手術器具の全部

 

 

などなど…本当に山ほどあり、購入できるものは購入。借りられるものはお借りするといった形で、とにかくそろえました!!

 

※ご協力いただいた近隣動物病院さん、動物園のみなさま、本当にありがとうございました!

 

 

ものをそろえた後は・・・

 

手術を行う環境や手順を整えること

役割分担などの細かな打ち合わせ

取り出した子宮を詳細に検査する(病理・細菌検査)体制を整えること
 

 

手術室準備
 (手術室はバルミーの寝室。治療の導線を確認して、無駄のない動きを目指しました!)

 

など、手術を安全に行い、有意義なものとするために、やることは盛りだくさん・・・

園外の方々にも、とにかくお世話になりっぱなしでしたが、準備万端!!

いざ、手術開始です!!

 

Part3に続く・・・(次で最終回!きっと!)

 

(手術前日は緊張しすぎて、一人そわそわしていたチキン獣医師・あきば)

2018年4月10日