×
閉じる

staff blogスタッフブログ (秋葉悠希のブログ)

4月19日は何の日?

2016年4月17日

4月19日。419。シイク。
ということで・・・4月19日は、『飼育の日』です!

2009年、かみね動物園も所属している”日本動物園水族館協会”が創立70周年を記念して、
4月19日を『飼育の日』と定めました。
そのねらいは、たくさんの人に動物園・水族館の役割を知ってもらうこと!

JAZA

(日本動物園水族館協会HPから引用)
 

かみね動物園も、『飼育の日』にちなんで、”プチ飼育体験&展示「飼育員の一日」”を行いました。

※ちなみに今年のかみね動物園の飼育体験は、
「春のプチ飼育体験」「親子で半日飼育体験」「大人の飼育体験」の3本立てです!
(詳しくはこちら⇒http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/003/p050946.html)


午前中は、キリンのグラウンドの掃除!
キリン


=ひろーいグラウンドのうん○集めと、うん○ひろいです。
 キリンそうじ

そこらじゅうに、落としものがひろがっています。
前日、グラウンドを歩き回っていたことがよくわかりますね。
キリンちりとり
小さなお山をいくつか作って、ちりとりに集めていきます。
みんな上手に集めてくれたので、あっという間にきれいに!


キリン担当者
担当飼育員さんの教えてくれたコツ。それは・・・”風上に立て!”
砂でできているグラウンド。確かに、風下に立つと、砂をもろかぶりです。

何気なくしているようにみえる飼育のお仕事ですが、
実は、ひとつひとつの動きについて、経験の知恵と意味があるんですね~


午後は、ニホンザルの調餌と給餌!=えさをつくって、あげること
ニホンザル


参加者のみなさんには、餌をつくるための台所 ”調理室” の見学もしてもらいました~

調理室


調理室は、普段は入れない管理施設になっています。
クジャク舎の坂を下ったところにありますよ~
調理室
(建て替え後20年を迎えた調理室と、かみね歴43年目の飼育員さん)


なかは、こんな感じ。

おうちの冷蔵庫とは比べものにならないくらい、大きな冷蔵庫!
冷蔵庫

野菜を洗う専用機械!
いもあらい機

スパッと切れまくる包丁!
ドでかいまな板!(私の手と比較。)年季が入っているのはご容赦・・・
まな板と包丁

どれも動物の飼育には欠かせない、商売道具です♪

小さなお子様も親子でいっしょに、包丁をにぎって、
(普段から指を切りがちな私はひやひやしておりましたが・・・)
ニンジンやリンゴ、バナナを切ってもらいました。

調餌


そのままのニンジンやバナナの形でも、ニホンザルたちは、食べることができます。

でも、かみね動物園では、約120頭ものニホンザルたちが暮らしています。
たくさんの動物でくらしていても、餌を細かくすることで、みんなきちんと食べれるようになるんです。
さらに!いろんな形・大きさにして、変化をつけることで、楽しみながら食べることもできるんです!

できあがった餌を、ニホンザルにあげてもらいました。
給餌

こどもにも大人にも、みんなに給餌することができました!
サル満足

私たちが思っていた以上に、たくさんの方々に参加していただきました。
ありがとうございました!


キリン舎前には、”飼育員の一日”と称して、飼育員・獣医・園長の一日に密着した展示もしています!

「飼育員」「獣医」「園長」と一言にいっても、
実は、一言では言い表せられない、いろいろな仕事をしています。

”楽しく入って学んで出られる動物園”を目指して、職員一同、奮闘している様子をご覧下さい!
飼育員の一日

園長・獣医の一日

ほんのひとコマ、ご紹介。
園長の一日のおわり
園長の手紙は、正真正銘、直筆・直貼ということがわかりますね♪

(夏は大きな冷蔵庫が救いです・あきば)
 



 

2016年4月17日