×
閉じる

ページID
P093973

令和3年3月25日(木曜日)

ページID
P093973

ライオン きぼう10歳の誕生会~二分の一成人式~

令和3年3月25日(木曜日)

3月16日は、きぼう君10歳の誕生日!ということで少し前の14日に誕生会を行いました。 

10年前の大きな震災の5日後に生まれたきぼう。元気にすくすくと育って立派な大人になりました。

きぼう1 

     ≪今回の主役!きぼう≫ 

今年の誕生日プレゼントはこちら!

屠体

     ≪イノシシのお肉≫

イノシシのお肉です。

実はこのイノシシのお肉、普段我々が食べているような牛肉や豚肉、鶏肉とは違う『屠体』という獣害で駆除された野生動物を処理したお肉なんです。そしてこのようなお肉を動物園の動物たちに与える取り組みを『屠体給餌』と言います。「屠体給餌について詳しく知りたい!」と思われた方は、以前アップした『屠体給餌(とたいきゅうじ)って何?』というスタッフブログをご覧ください。

今回は誕生会ということで、イノシシをプレゼント箱にいれてみました!

段ボール

      ≪プレゼント箱?≫

といっても冷凍肉の段ボールを再利用しただけなんですけど......(笑)

段ボールに入れることで採食時間、つまり動物にとって楽しい時間を延ばすことが出来ます。さらに食べた後には、嚙み千切ったり引っかいたりと楽しいおもちゃになります。基本的に段ボールは食べませんが、万が一お腹に入ってしまっても紙でできている物なので細かくなったり溶けたりして糞と一緒に排泄されるのでご安心を。

きぼう採食1

   ≪プレゼント箱を開けるきぼう≫

さっそくプレゼントを開け始めました!あんまり器用ではないので豪快に破り割いています。(笑)

きぼう採食2

   ≪プレゼントを食べるきぼう≫

中身を取りだして美味しそうに食べています。

きぼう採食3

    ≪食べ終わったきぼう≫

早くも食べ終わってしまったようです。「他にはないのかな??」とあたりをキョロキョロしています。

今回はお肉を5つに分けて設置したので、この後も楽しそうに、そして何より美味しそうに食べていました。

こんな美味しいお肉を一人占めはずるい!!ということで一緒に暮らしている雌ライオンたちやご近所さんのトラ、ヒグマたちにもおすそ分けしました。

ヒグマ

   ≪イノシシを食べるヒグマ≫

10歳と聞くとまだまだ若いと思うかもしれませんが、野生下での寿命は10年ちょっと、飼育下では20年程度。きぼう君は人生もといライオン生の折り返し地点に差し掛かってきています。子供のようにおもちゃで遊んだり、妹たちと仲良くじゃれ合う様子はなかなか見られませんが、これからも元気なきぼうの姿をみなさんに見ていただけるよう、彼と一緒に頑張っていきます。

きぼう2

   ≪日向ぼっこしているきぼう≫

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
産業経済部かみね公園管理事務所
代表電話番号
0294-22-5586
ファクス番号
0294-22-5596
メール
メールフォーム