×
閉じる

staff blogスタッフブログ (飼育員ブログ)

動物かるた大会を行いました

2013年11月25日

平成25年11月17日にどうぶつかるた大会を行いました。
なんでこの時期にと思われる方もいるかと思いますが、楽しいことはいつでも良いじゃないかということで開催しました。
かるたは飼育員手作りのオリジナル巨大かるたです。
実はこのかるたには動物の習性が書かれているので、楽しみながら動物の勉強もできてしまうというすばらしいかるたです。

かるた大会の写真1

実力差を考えて高学年の部と低学年の部に分かれましたが、高学年の参加者が少なかったためお父さんお母さんにも参加してもらいました。

かるた大会の写真2
高学年とお父さんお母さん
かるた大会の写真3
低学年の部
園長の写真
よみますよー

園長が札を読んでスタート。
みんな勢いよく走りだします。

かるた大会の写真4
元気いっぱいです
かるた大会の写真5
むむ…どっちが正解だ!?
かるた大会の写真6
あったー
かるた大会の写真7
さあ、どっちだ。
かるた大会の写真8
やっととれた。

最後はとれた枚数によって景品をプレゼント。
優勝者にはクジャクの羽根とオリジナルミニかるたが贈呈されました。

かるた大会の写真9
かるた大会の写真10
やったね。

2回目のかるた大会でしたが、前回に負けないくらい盛り上がりました。
平成26年1月にも開催しますので、ぜひご参加ください。
お待ちしてます。

飼育員 中本

2013年11月25日

チンパンジー達のハロウィン2013

2013年11月25日

今更なご報告ですが平成25年で3回目をむかえたかみね動物園のハロウィンフェスティバル。

チンパンジー達におばけかぼちゃのプレゼントも恒例行事となってきました。
(平成24年の様子はこちらのブログをご覧ください。チンパンジー達のハロウィン

かぼちゃの写真1
フルーツの写真1

おばけかぼちゃと中に詰めるフルーツや栗

今回も来園者の方にチンパンジー達の展示場に入ってもらいフルーツを隠してもらいました。

フルーツを隠す来園者の写真1
フルーツを隠す来園者の写真2
フルーツを隠す来園者の写真3
フルーツを隠す来園者の写真4

みなさん思い思いの場所に隠していきますが、果たしてチンパンジー達は見つけられるのでしょうか…

準備完了。チンパンジー達の登場を待ちます

かぼちゃの写真2

食べられるのを待つおばけかぼちゃ。ちょっと悲しげな感じ…

チンパンジーの写真1

きました。ヨウとゴウ親子

チンパンジーの写真2

先にフルーツを食べるヨウを横目にマツコとリョウマ親子がおばけかぼちゃをゲット。

チンパンジーの写真3

取られないように持って移動。マツコのこの姿も毎年恒例になってきました。

チンパンジーの写真4

他のチンパンジー達から離れてこっそり食べるマツコ。リョウマは初めてのおばけかぼちゃに興味津々。頭を中に入れてまで念入りに確認。

チンパンジーの写真5

ゴヒチが隠れて食べるマツコを発見。嫌そうな顔のマツコ…

チンパンジーの写真6

見つかってしまったので仕方なく一緒に食べるマツコ。リョウマも美味しく頂いたようです。

上手く写真が撮れませんでしたが、ユウやナナといった他のメンバー達も楽しそうに、美味しそうにフルーツやかぼちゃを食べていました。

さて、平成26年はどういった反応を見せてくれるでしょうか?一年後をお楽しみに。

(チンパンジー担当 大栗)

2013年11月25日

ハロウィンフェスティバル

2013年11月12日

今年(平成25年)も開催しました。
かみね動物園ハロウィンフェスティバル。

まずは恒例の仮装してきてくれた子供達。

ハロウィン仮装した子どもの写真1
ハロウィン仮装した子どもの写真2
ハロウィン仮装した子どもの写真3
ハロウィン仮装した子どもの写真4
ハロウィン仮装した子どもの写真5
ハロウィン仮装した子どもの写真6

みんな可愛いですねー。この後ハロウィンパーティーに参加するため手作り衣装で来てくれた子供達もいましたよ。
ちなみにこちらは職員バージョン

ハロウィンハロウィン仮装した職員の写真1
ハロウィン仮装した職員の写真2

ライオン担当の気合があふれています。

続いてチンパンジー、ゾウ、ニホンザル達におばけかぼちゃのプレゼント。

まずはチンパンジー

チンパンジーの写真1

毎年必ずマツコはかぼちゃを抱えて移動します。

チンパンジーの写真2

リョウマはかぼちゃに頭を突っ込み中を確認

続いてゾウ

ゾウの写真1

ミネコちゃん、かぼちゃを潰して…

ゾウの写真2

むしゃむしゃ…

ゾウの写真3

スズコちゃんも満足な様子

最後にニホンザル

ニホンザルの写真1

最初は警戒

ニホンザルの写真2

が、大丈夫だと分かると一気に群がります。

ニホンザルの写真3

「うまい。」

こちらは「魔女を探せ!クイズラリー」の様子。

クイズラリーの写真1

ヒントをもと魔女の隠れている場所を探してもらい、そこでクイズに答えてもらいました。

クイズラリーの写真2
クイズラリーの写真3
クイズラリーの写真4

ちなみに隠れていたのはゾウ、カピバラ、カバの寝室。
このクイズラリーでは普段入れない動物たちの寝室にも入れちゃうんです。

今年(平成25年)も楽しくハロウィンフェスティバルは終了。また来年(平成26年)も行う予定ですので今年参加した方も、参加できなかった方もお待ちしております。

(飼育員 おおぐり)

2013年11月12日

ライオン博士になるために

2013年11月10日

かみね動物園にライオンの観察・研究をしにやって来る菅澤少年から今年(平成25年)も自由研究の超大作が届きました。

自由研究の超大作の写真

ドーン。その幅なんと約3メートル。
ただいま動物資料館(入園口入ってすぐの建物2階)に貼り出しています。

自由研究の写真1

ライオンにズームイン。
昨年(平成24年)8月より撮り続けているライオン一家の写真と共にライオンたちの成長を記録したものです。

ライオン四姉妹の写真

いやー4姉妹こんなに小さかったのよねーしみじみ。

餌を食べている写真

しかし写真がよく撮れている。
私より上手いわ。

飼育員の記録の写真

ちなみに飼育員も「成長記録」というか「飼育記録」をつけています。
これは実際に今使っている私のライオンノート。
毎日見ていて気になったことやエサの変化、ライオンの行動などなど。

観察した事を記しておけば、物言わぬ動物のサインや体調の変化に気付くことがあるので記録は欠かせません。
菅澤君みたいに写真と一緒に記録すれば分かりやすいのですが、なかなかそこまでは気が回らず。ひとしきり反省です。

ライオンたちの写真

彼は現在小学校6年生。今後もライオンのことをもっともっと研究したい、と担当者が小躍りしちゃうような嬉しい話をしてくれました。
中学生になれば部活や学校の勉強で忙しくなると思いますが、ライオンから生まれた動物への興味・探究心はこれからも伸ばしたいもの。
そのお手伝いを動物園でも続けていこうと思います。

自由研究の写真2

自由研究は他にも担当者(私)にインタビューした一問一答や成長を感じる写真、大人顔負けの小学生の観察力が光る文章がたくさん。
ぜひ一度ご覧ください。

(飼育員 かわそえ)

2013年11月10日

芸術は爆発だ

2013年11月7日

平成25年11月3日に茨城大学との連携イベントとして絵画ワークショップを行いました。
今回は空想どうぶつえんと題して、色鮮やかな色紙を使用して空想上の動物を作りました。
子どもたちの自由な発想で個性的な作品ができあがりました。

ワークショップの写真1

まずは、先生から作り方の説明をしてもらいます。
ちなみにこの色紙は学生さんが色遊び(モダンテクニック)の授業で作成したそうです。

ワークショップの写真2
この色紙を使って自由に…

いよいよ作成に取り掛かります。学生スタッフと相談しながらどんな動物にするのかを考えていきます。

ワークショップの写真3
ウサギのような動物かな
ワークショップの写真4
外で拾った葉っぱを使いたいそうです

イメージができたら色紙を選んでいきます。
どれにしようかな?

ワークショップの写真5

色紙を切ったり、ちぎったりして台紙に貼っていきます。(コラージュという技法だそうです)

ワークショップの写真6
ワークショップの写真7
ワークショップの写真8
ワークショップの写真9
ワークショップの写真10
ワークショップの写真11

最後にラミネートをして完成。
私には想像もつかないような動物がたくさん生まれました。
芸術は爆発だ。

完成品の写真1
タイトルは「空飛ぶキリン」だそうです。
完成品の写真2
完成品の写真3
完成品の写真4

第2回ワークショップも大成功で終わりました。
参加して頂いたみなさまありがとうございました。
次回のワークショップもお楽しみに。(未定ですが)

また、初めての大学連携イベントでしたが、協力して頂いた茨城大学の片口直樹先生をはじめ学生スタッフの皆さま本当にありがとうございました。

準備中の写真
準備中
茨城大学の先生と学生の写真
片口直樹先生(中央)と茨城大学美術教育研究室学生スタッフ

今回のワークショップで出来た作品は平成25年12月1日までどうぶつ資料館に展示します。
また学生さんたちが授業で作った作品の展示会「空想どうぶつえん~生き物ってすばらしい~」も開催しておりますのでこちらもご覧下さい。

作品の写真1
ワークショップ作品
作品の写真2
空想どうぶつえん in かみねZOO~生き物ってすばらしい~

飼育員 中本

2013年11月7日

どうぶつスポーツ大会

2013年11月2日

ちょっと前になりますが、平成25年10月13日に「スポーツの秋」ということでかみね動物園では初めてとなるイベント「どうぶつスポーツ大会」を開催しました。

スポーツ大会の写真1

このスポーツ大会では動物たちがもつ能力にチャレンジをしてもらいました。競技は全部で4つ。

その1 「カンガルーと幅跳び対決」

カンガルーの写真1

カンガルーはご存じの通り、ぴょんぴょんジャンプしながら移動をしています。
本気になれば一跳びで8メートルちかくもジャンプすると言われています。

ではみなさんはどの位跳べるでしょうか?

スポーツ大会の写真2
ジャーンプ。

みなさん頑張ってくれましたが、さすがに8メートル跳べる人はいませんでした。ちなみに走り幅跳びの男子世界記録は8メートル95だそうです。

カンガルーがこれだけジャンプ出来るパワーの秘密は後肢にあります。

カンガルーの写真2

写真では分かりにくいですが、人差し指と中指のくっついた大きな指と長いアキレス腱を使うことで大ジャンプを可能にしているんです。
今度ぜひ観察してみて下さい。

その2 「ペンギンのよちよち歩き」

ペンギンの写真1

ペンギンの見た目は脚が短く、おぼつかない足取りに見えますよね。でも実際のところペンギンの脚って長いんです。
普段見えているのは足首から先の部分で、見えない部分でひざが曲がっている状態なんです。
人間でいうとちょうど空気イスをしているような状態です。

では、みなさんがペンギンと同じような状態で歩いたらどうなるのでしょうか?

スポーツ大会の写真3

これは見るのとやるのでは大違い。びっくりするほど辛い…ぜひお試しを。

ちなみに当園のフンボルトペンギン「アーク」で5メートルのタイムを計ったところ約4秒でした。

ペンギンの写真2
アーク

意外と速い。

その3 「チンパンジーと握力対決」

チンパンジーの写真1

チンパンジーの握力を私たちと同じように正確に測るのは難しいのですが200から300キログラムはあると言われています。

チンパンジーの写真2
片手でロープを握るゴウちゃん

移動をするときは地上を歩くチンパンジーですが、エサを食べたり、休んだりする時は木の上に登る樹上生活者です。
木を握って大きな体を支えるため握力が発達したと言われています。

ではみなさんの握力は?

スポーツ大会の写真4
両手で握っちゃった…

初めての握力測定という子供たちが多く、良い記念になったかな?
ちなみに、調べたところヒトの最高記録は198キログラムだそうです…

その4 「獣医さんと吹矢対決」

動物たちの治療をする時に麻酔を使うことがあります。

動物は私たちと同じように注射が大嫌い。嫌がったり、必死に逃げるため捕まえるのは大変です。さらにライオンなど大きな動物には直接注射をすることはできません。

そこで登場するのが吹矢。安全に麻酔を打つことが出来ます。

動く動物に向かって吹矢を命中させるのはなかなか難しいのですが、獣医さんはいざという時に備えています。
今回は的をつくってみなさんに吹矢を実際に吹いてもらいました。

スポーツ大会の写真5
クマのお尻目指して。

吹き矢を体験するのはもしかしたら一生に一回かもしれません…こちらも良い記念になったかな?

動物たちはそれぞれの環境に適応しながら進化を続け、私達からは想像も出来ない能力を持ち合わせています。

普段は何気なく見ている動物たちの能力に来年はぜひみなさんもチャレンジしてみませんか?
今回は初めてのことばかりでしたが、楽しくイベントを行うことが出来ました。参加して頂きありがとうございました。

(飼育員 おおぐり)

2013年11月2日