×
閉じる

staff blogスタッフブログ (飼育員ブログ)

夜の動物園

令和4年8月30日

8月11日~15日に3年振りに夜の動物園を開催しました!新型コロナウィルス感染症の影響によって、ここ2年は準備をすれども中止になっていたという苦しい期間を経て、ようやく開催にこぎつけることができました。夜の動物園は雰囲気を楽しんでもらうと共に、普段とは違う動物の姿をみられる貴重な機会です。そんな夜ならではの動物たちを少し紹介します。

入口

まずは夜行性動物!昼は寝姿がほとんどの彼らは夜になると活発に活動します!

あなぐま ヤマアラシ ハクビシン

    <活発になるアナグマ>    <ヤマアラシとハクビシンの夜ならではの2ショット> 

夜になって涼しくなったことで活発になる動物もいました!

クロサイ くま

<涼しくなって活発に動いていたクロサイ>      <暑さが苦手なクマ>

休息や寝姿もまた夜の動物園の見どころの一つです!

きりん らいおん

     <座って休むキリン>          <岩の上で寝るライオン>

昼夜関係なく活発な動物もいます!

アライグマ にほんざる

  <いつでも元気なアライグマ>        <いつでも大騒ぎのニホンザル>

夜の特別ガイドも行いました。ゾウとカバの夜間の過ごし方などいつもとはちょっと違った内容です!

ゾウガイド カバガイド

              <ゾウとカバの特別ガイド>

職員手作りの行灯で夜の雰囲気がグッと出ます!

あんどん たぬき

<撮影スポットにもなっていた大行灯>      <ミニ行灯は全部で6種類!>

活気のある園内に昼とは違った雰囲気も相まって、これこそ夜の動物園だなとあらためて実感しました。何より「動物が活発で面白い」「初めて動いている姿を見た」など皆様からの声を聴いて開催できて本当によかったと思いました。新型コロナウイルスがどうなっているかわかりませんが、来年もさらにパワーアップして開催できればと思います。また、もっとたくさん開催してほしいとのお声が届いておりますが、動物たちの負担にならないように配慮しておりますのでご理解いただければと思います。

夜ZOO業務で帰宅後は昼行灯な 中本

令和4年8月30日

『がおーこく』の動物たち  新居でも元気に暮らしています!

令和4年8月25日

新猛獣舎【がおーこく】がオープンして早1か月。

引っ越して数日は餌を食べない...、部屋から出て行かない...、虚空を見つめている?...などなど色々なトラブルがありましたが、今はもう慣れてきたようでみんな元気に暮らしています。

今回はそんな【がおーこく】の住民たちの展示場での様子をご紹介します。



順路通りに進んでいくと最初に現れるのはトラです。

2

     《洞窟で休むトラ》

お気に入りの場所は洞窟の中。大半の時間はここで休んでいます。

1

     《水に浸かるトラ》

運が良ければこんな姿も見られます。「い~い湯だなぁ~♪」というBGMが流れて来そうです。浸かっているのは水ですが。


さらに進んでいくとライオンの展示場があります。

3

    《岩の上で休むライオン》

暑い日には岩下や壁の影などで寝ていますが、涼しい日には展示場のド真ん中にある岩の上にいる事も。

場所によってはライオンに見降ろされる感覚を味わうことができます。


最後に会えるのは新規導入したジャガー。

当園では体毛が黒い個体と黄色い個体、それぞれ1頭ずつ飼育しています。

5

《展示場に吊るした餌を狙うジャガー》

屋外の展示場は上から餌を吊るせる仕組みにしました。

5 5

              《肉に飛びつくジャガー》

運が良ければこんなに活発な様子を見ることが出来ます。

5

《↑その様子を室内展示場から眺めるジャガー》

羨ましいのか餌に飛び掛かる様子を見ていました。もちろん後日、この個体にも与えました。



現在は工事の影響でジャガーまで行ったらUターンして頂いていますが、来年の夏にはレッサーパンダの上の園路や広場、新ビーバー舎が出来上がるので、順路通り進むことが出来ます。

まだまだ進化していくかみね動物園。今後もお楽しみください!

飼育員 風間

令和4年8月25日