×
閉じる

ページID
P000956

平成19年11月28日(水曜日)

ページID
P000956

ビルマニシキヘビ(アルビノ)

平成19年11月28日(水曜日)

インド、スリランカ東部に分布する大型のニシキヘビで、メスの方が大きくなり体長4メートル以上になります。寿命は25から30年と言われ、体は褐色で、はつきりした角形やひし形の模様をしています。白いヘビはアルビノといって突然変異によるものです。尾(排泄口から先)は短く、後足のこん跡が数ミリの爪となって残っています。3月から6月が産卵期で、平均30個から50個の卵を産みます。ふ化するまでの約2か月間メスが卵を包むようにとぐろを巻き抱卵します。体を震わせ30度から32度に体温を一定に保ちます。
 

ビルマニシキヘビ 写真

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
産業経済部かみね公園管理事務所
代表電話番号
0294-22-5586
ファクス番号
0294-22-5596
メール
メールフォーム