My Town Topics −まちの話題ー

3月6日 チンパンジー「ゴウ」のいってらっしゃい会

「ゴウ」今までありがとう!元気にいってらっしゃい

 かみね動物園のメスのチンパンジー「ゴウ」が、横浜市立よこはま動物園ズーラシアに引っ越すことになり、3月6日(土曜日)に、いってらっしゃい会が行われました。飼育員がゴウの生い立ちや思い出を紙芝居で紹介をしたほか飼育員特製のケーキをゴウにプレゼントしました。
 ゴウは3月17日にかみね動物園を出発し、スタッフも手を振って見送りました。

3月11日 避難所開設訓練

災害時に備え、市職員などが避難所開設訓練

 東日本大震災から10年を迎え、震災の記憶と教訓を風化させず、災害時の避難所運営を的確かつスムーズに行うために、市職員による避難所開設訓練が行われました。
 訓練は、大地震の発生を想定し、市内の小学校22校で、避難者が距離を保って休める間仕切り式テントや段ボールベッドの組み立て、タブレットを使用した情報伝達訓練などを行いました。

3月12日 Hiタッチらんど・ハレニコ!来場者10万人達成セレモニー

北関東最大級の屋内型子どもの遊び場が来場者10万人を達成

 令和元年10月にオープンした、Hiタッチらんど・ハレニコ!が、約1年5か月で来場者10万人を達成しました。達成を記念し、10万人目の来場者となった田所さん親子と関係者によるくす玉開被などのセレモニーが行われました。
 小川市長は「未来を担う子どもたちはもちろん、保護者の皆様にも楽しくご利用いただきたい」と話し、田所さんに認定証を手渡しました。

3月15日 株式会社茨城環境企業から寄付

市内企業の寄付金で、動物園にトランシーバーを整備

 株式会社茨城環境企業から「かみね動物園での業務に役立てていただきたい」と寄付を受け、職員の連絡を円滑にするため、トランシーバーを整備しました。
 寄付を受けた小川市長は「ご寄付いただきありがとうございます。職員の業務の円滑化のため、有効に活用させていただきます」と感謝の言葉を述べました。

3月15日 JX金属株式会社から童話集が寄贈

子どもの幸せな成長を願い、平成26年度から毎年童話集を寄贈

 JX金属株式会社は、平成26年度から子どもたちに豊かな心を育んでもらおうと、「童話の花束」を毎年市内の公立小学校などに寄贈しています。
 今回は、小学1年生から3年生と特別支援学校小学部の児童全員分として、3,925冊が寄贈されました。寄贈を受けた小川市長は「子どもたちの幸せな成長を願う皆様のお気持ちを、大切に受け取らせていただきます」と感謝の言葉を述べました。

3月27日 常陸多賀 DIY イベント

大学生などが地域活性化を目的にイベントを企画

 まちづくり団体「Go on常陸多賀」が、常陸多賀駅周辺地区の活性化を目的に、大学生がデザインした木製の机や椅子を制作するイベントが行われました。完成した椅子は、多賀地区の飲食店などに活用してもらおうと、大学生たちが商店街に配布しました。
 椅子をデザインした茨城大学の扇谷さんは「単純明快な構造のデザイン。地域をつなぐ椅子になってくれれば」と話しました。