不妊症・不育症治療を受けた夫婦の、
治療・検査費用の一部を助成します

項目 不妊治療費助成事業 不育症治療費助成事業
対象となる治療など
  • 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)
  • 男性不妊治療(特定不妊治療に至る過程で行う精子を精巣または精巣上体から採取するための外科的手術を伴う治療)
不育症に関する保険外診療で行った検査及び治療
助成額 1回の治療などにつき50,000円を限度
*男性不妊治療を行った場合、1回の治療につき50,000円まで上乗せ
対象者 (1)法律上の婚姻をしている夫婦で、夫または妻のいずれかが治療が終了した日において市内に1年以上住んでいる方
(2)特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがない、または極めて少ないと医師に判断され、県が指定する医療機関で特定不妊治療を受けた方 (2)医師の判断により不育症検査または治療が必要と診断され、受診した方
助成回数
  • 40歳未満=通算6回まで
  • 40〜42歳=通算3回まで
  • 43歳以上=助成対象外
*対象年齢は、初めて助成を受けた際の治療開始日の妻の年齢
*平成30年度までに受けた助成回数も通算されます。
*通算助成回数に満たない場合でも、43歳以降に開始した治療は助成対象になりません。
1年度当たり1回(通算助成回数の制限なし)
申請に必要な書類
  • 助成申請書
  • 受診証明書
  • 医療機関発行の領収書の写し
  • 不妊治療費について、茨城県の助成を受けた方=県補助金交付決定及び額の確定通知書(写し)
  • 市外在住の方=本籍地の記載のある住民票
申請期間 治療などが終了した日の属する年度の末日まで *やむを得ない理由があり、申請期間内に申請が難しい方は、必ず事前に健康づくり推進課に相談してください。

問合せ 健康づくり推進課 電話番号 0294-21-3300 IP 050-5528-5180