環境の保全と創造に関する取組を積極的に推進していきます
第3次日立市環境基本計画を策定しました

 市では、本市の恵まれた自然環境、かけがえのない地球環境を守り、そして未来へ引き継ぐため、本市を取り巻く社会情勢の変化や新たな課題などを踏まえ、平成30年度から5年間の新たな環境行政の指針として「第3次日立市環境基本計画」を策定しました。
 計画の策定に当たっては、市民団体、事業所、学識経験者、市議会議員、公募市民などの20人で構成する「日立市環境審議会」で審議を行うとともに、市民・事業者の皆さんを対象にしたアンケート調査や、パブリックコメントを実施し、意見の反映に努めました。
 今後、この計画に基づき、市民・事業者の皆さんと連携・協働して、環境の保全と創造に関する取組を積極的に推進していきます。

計画の概要

 日立市の目指す環境の将来像を「未来につなぐ環境都市日立〜次世代へ誇れる環境にやさしいまち〜」とし、5つの環境目標を掲げ、その実現に向け、市、市民、事業者の取り組む内容を定めています。

市が主に取り組む内容

【環境目標1】 未来の地球環境にやさしいまち

  • 先進的なプロジェクトの積極的な推進(水素ステーションの設置、燃料電池バスの導入など)
  • 新交通「ひたちBRT」の延伸及び駅周辺地区の整備
  • 電気自動車などの次世代自動車の普及促進

【環境目標2】 豊かな自然や多様な生物を育むまち

  • 「オオシマザクラ」を守り育てる鞍掛山のさくらの山づくり
  • 「日立アルプス」などのハイキングコースの整備
  • イノシシなどの有害鳥獣による被害防止対策の推進

 

【環境目標3】 健やかで安心して暮らせるまち

  • 光化学スモッグ、微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報提供
  • 放射性物質を含む指定廃棄物と汚染土への適切な対応

【環境目標4】 資源を大切にして有効利用するまち

  • 市民の生活形態の変化や高齢化に応じた、ごみ・再生資源の収集回数・品目の見直しの検討
  • 使用済小型家電から東京オリンピック・パラリンピックのメダルをつくるプロジェクトへの参加・協力

【環境目標5】 誇れる環境を次世代へつなぐまち

  • 子どもの環境への関心の芽を育てる「(仮)日立市環境少年団」の創設の検討
  • 子どもたちの自然を守るための実践活動や環境に関する活動への支援

 

 この計画に、地球温暖化対策推進法に基づく日立市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)を含めています。この中で、本市の温室効果ガス排出量の削減目標を、国の地球温暖化対策計画との整合を図り、「2030年度(平成42年度)までに2013年度(平成25年度)比で26パーセント削減する」としました。
*詳細は、市のホームページに掲載しています。

問合せ 環境政策課 内線 746