ご活用ください!
安全・安心・住まいる助成制度

 個人住宅の耐震・浸水・防犯それぞれの対策に係る改修などを行う場合に、その費用の一部を助成します。
 必ず工事の契約前に申請書を提出してください。

受付開始日

5月22日(月曜日)から

耐震対策

 昭和56年5月31日以前に建てられた2階建て以下の木造戸建て住宅が対象です。必ず次のステップ1から順に申請してください。

  • ステップ1 (耐震診断)
    茨城県木造住宅耐震診断士による、耐震改修などの必要性の判定を目的とした耐震診断を行います。
  • ステップ2 (耐震改修計画)
    耐震診断をより精密に行い、補強計画を作ります。 
    *ステップ1で耐震性が不十分と診断された住宅が対象
  • ステップ3 (耐震改修)
    ステップ2の耐震改修計画に基づいた設計、耐震改修工事を行います。

浸水対策

  • 防水板設置工事
    住宅への浸水を防ぐため、門扉や住宅の出入り口などに防水板を設置する工事
  • 住宅かさ上げ工事
    過去に床上浸水の被害を受けた住宅の基礎及び床面積をかさ上げする工事

防犯対策

 補助錠、ガードプレート、防犯フィルム、防犯ガラス、窓格子、防犯カメラ取り付けなどの防犯改修工事

助成金の額

対策名 助成率 限度額
耐震対策 耐震診断 15/16 30,000円
耐震改修計画 1/3 100,000円
耐震改修 1/3 300,000円
浸水対策 防水板設置工事 3/4 300,000円
住宅かさ上げ工事 3/4 3,000,000円
防犯対策 軽微な取付工事 1/3 10,000円
防犯改修工事 1/3 50,000円

*助成を受けるためには要件があります。また、工事が施工できる事業者が指定されていますので、詳細は問い合わせてください。

問合せ 都市政策課 住政策推進室 内線 436