子ども会活動
〜子どもたちによる子どもたちのための活動〜

 今回は、「子ども会の事業について」紹介します。


 子ども会は、子どもたちによる子どもたちのための活動です。
 子ども会組織には、単位子ども会(単子)と学区子ども会育成連合会(学子連)、そして市子ども会育成連合会(市子連)があります。地域に根付いた事業を行っているのが単子、各小学校区を対象に事業を行っているのが学子連、そして、市全体を対象に事業を行っているのが市子連です。
 単子では、夏休みのラジオ体操をはじめ、盆踊り、スポーツレクリエーション、クリスマス会、餅つきや花壇づくりなど、身近な地域の絆づくりのために各子ども会で工夫を凝らした事業を行っています。
 市子連では、6月のかみね動物園写生会を皮切りに、夏には国内親善都市「桐生市」の子ども会との交流、11月には子どもまつりを行っています。
 また、学子連を代表する子どもたちにより構成される子ども会連合会(子連会)を通した子どもリーダー育成のため、研修指導を行ったり、指導者や育成者を対象に危険予知訓練(KYT)や子ども会事業の進め方についての研修や講演会なども行っています。
 学子連や各ブロック(市内を4つに分けた学子連の集合体)では、ミニ運動会などの事業を行っているところもあります。
 子ども会は、子どもが計画し、子どもが中心となった事業を行えるよう指導者や育成者が子どもたちとともに活動をする団体です。保護者の皆さんも、アイディアいっぱいの子どもたちとともに、童心に返って活動し、地域の絆づくり・仲間づくり、そして親子の関係づくりができる、「子ども会活動」に参加しませんか。

桐生市子ども会との交流

問合せ 日立市子ども会育成連合会事務局(生涯学習課内 電話番号0294-23-9150)