森の自然学校 助川山保全くらぶが「手づくり郷土(ふるさと)賞(大賞部門)」を受賞!

 個性的で魅力ある地域づくりに取り組む団体を表彰する「手づくり郷土賞」(国土交通大臣表彰)の大賞に、NPO法人 森の自然学校 助川山保全くらぶ(以下、助川山保全くらぶ)が選ばれました。
 助川山保全くらぶは、平成3年の山林火災の跡地を市が公園として整備した「助川山市民の森」で、平成10年から活動を開始。これまでに、森林保全作業をはじめ、公園案内板や野草案内板、動植物の観察会、ドングリなどの植樹会、巣箱作りなど、さまざまな活動を行い、平成16年度に「手づくり郷土賞」の一般部門賞を受賞しています。
 今回の受賞は、「手づくり郷土賞」の一般部門を受賞した後も、枯木の伐採などの景観整備のほか、公園パトロール、市民参加の各種イベントを継続して行うなど、「助川山市民の森」を、子どもたちの郷土愛を育み、市内外から多くの人が訪れる親しまれる公園とするための取組が評価され、大賞に選ばれました。

参加してみませんか?助川山ドングリの木植樹会

 山火事から26年が経過した助川山を、昆虫や野鳥が生息しやすい豊かな森にしていくための植樹会です。
 親子での参加も大歓迎です!

とき

3月11日(土曜日) 9時〜12時 *小雨決行・雨天順延

ところ

助川山市民の森*青葉台口駐車場集合

内容

コナラ・クヌギ計300本を植えます。
指導=常陸太田林業指導所
*持ち物=飲み物・軍手・スコップなど(用具の貸し出しあり)防寒と作業のしやすい服装で。定員40人

申し込み

電話で助川山保全くらぶ(多田 電話番号0294-32-3972)へ

ドングリの木植樹会の様子