いきいき茨城ゆめ国体2019
いきいき茨城ゆめ大会2019

第74回国民体育大会/第19回全国障害者スポーツ大会
飛べ 羽ばたけ そして未来へ

〜 茨城国体の開催が正式決定しました!!〜
いばラッキー

3年後の平成31年に、茨城県で45年ぶりとなる「いきいき茨城ゆめ国体」が開催されます。

 7月20日(水曜日)に開催された公益財団法人日本体育協会理事会において、茨城県が「第74回国民体育大会」の開催地として決定されました。会期については、平成31年9月28日(土曜日)から10月8日(火曜日)までの11日間となりました。
 また、「第19回全国障害者スポーツ大会」については、国民体育大会終了後の平成31年10月12日(土曜日)から10月14日(月曜日)までの3日間となりました。
 日立市では、都道府県対抗の得点対象である正式競技として「体操競技」、「新体操」、「バスケットボール」、「卓球」、「軟式野球」が行われるほか、デモンストレーションスポーツとして、日立市発祥のスポーツである「パンポン」、さらに、全国障害者スポーツ大会での「卓球」と、数多くの競技の開催が予定されています。
 そのため、通常会期の11日間を大幅に上回る、長期間に及ぶ大会開催となり、全国から選手団や役員をはじめ、多くのかたをお迎えすることになります。

日立市での国体開催に向けた取組

 8月8日(月曜日)に開催した「第74回国民体育大会 日立市準備委員会第2回総会」では、更なる開催準備の推進を図るため、これまで「準備委員会」であった組織を「実行委員会」に改め、併せて第1回実行委員会を開催しました。
 今後は、常任委員会や4つの専門委員会(総務企画・競技式典・宿泊衛生・輸送交通)を随時開催し、日立市での国体開催に向けたさまざまな調査・検討を行っていきます。また、各種イベントなどに積極的に参加し、PR活動を行っていきます。
 国体の成功に向けて、各種事業を推進してまいりますので、市民の皆様の御協力をお願いします。

問合せ 国体推進担当 内線587