あなたもコミュニティのメンバーです(39)

「日立市民みこし」で日立を元気に!

 「日立市民みこし」は、昭和54年(1979年)に、市民、企業、諸団体からの寄附金や一般財団法人自治総合センターの助成金などにより作製されました。また、市民により組織された「市民みこし管理委員会」が管理及び貸し出しをしており、消防出初式や夏祭りなどで市民のかたがたに担がれています。
 その「日立市民みこし」や各地域のみこしを活用して、毎年、日立さくらまつりの中で実施しているみこしパレードは、日立市コミュニティ推進協議会が、 平成10年度に実行委員会を発足させ、さくらまつりを盛り上げるとともに、自主的な市民活動を推進し、市民自らまちづくりやまちの活性化を図ることを目的に実施されています。
 今年度のみこしパレードは雨天により中止となりましたが、例年3基のみこしが一堂に会し、山車を先頭に平和通りを練り歩きます。特に、日立風流物の前 でみこしをもむ(大きく上下させる)時には、多くの見物客と一体となってさくらまつりを盛り上げています。
 「日立市民みこし」は、神事とは関係なく誰もが使用することができますので、地域の夏祭りなどの各種イベントにぜひ御活用ください。使用に係る詳細に ついては、市民みこし管理委員会事務局(市民活動課内)まで問い合わせてください。
 皆さんで「日立市民みこし」を担いで、日立を元気にしましょう

問合せ 市民活動課 内線513

写真は昨年の日立さくらまつりの様子