予防接種は計画的に受けましょう

 定期予防接種は、公費助成による接種ができます。ただし、接種期限内に接種できない場合は、有料となりますので、御注意ください。また、接種対象のかたで、 転入などにより、予防接種実施通知書を持っていないかたは、早めに問い合わせてください。なお、市外にかかりつけの医療機関があり、そこでの接種を希望するかた は、事前に健康づくり推進課へ問い合わせを。

持ち物 予防接種実施通知書、予診票、母子健康手帳、体温計 *ヒブ、小児用肺炎球菌、子宮頸がんワクチンは、実施通知書を発行しないため、保険証を持参。

問合せ 健康づくり推進課 電話番号 0294-21−3300
IP050-5528-5180
種類 接種回数 対象期間
BCG 1回 1歳未満
4種混合・3種混合・ポリオ 4回 生後3か月〜7歳6か月未満
2種混合 1回 11〜13歳未満
ヒブ 1回〜4回
接種開始月齢により異なります
生後2か月〜5歳未満(初回接種開始は、生後2か月〜7か月未満が望ましい)
小児用肺炎球菌
麻しん風しん混合 1期 1回 1〜2歳未満
2期 1回 小学校就学1年前
日本脳炎 *1 1期 3回 生後6か月〜7歳6か月未満
2期 *2 1回 9〜13歳未満
水痘 2回 1〜3歳未満
子宮頸がん *3 3回 小学6年生から高校1年生に相当する女子

*1 平成7年4月2日から19年4月1日生まれのかたは、1・2期とも19歳まで接種が可能です。
*2 日本脳炎2期については、今年度高校3年生に相当する年齢のかた(平成9年4月2日から10年4月1日生まれ)で、4月に2期未接種のかたへ通知書 を発送しています。その他の対象年齢の接種希望者で通知書がない場合は、健康づくり推進課へ問合せを。
*3 子宮頸がんワクチンは、平成25年6月14日より積極的勧奨が差し控えになっています。