不育症治療費の一部を助成します

 妊娠はするけれど流産などを繰り返してしまう不育症。
 適切な検査や治療により、子どもを得られる可能性が高くなると言われています。

対象となる治療など

2回以上の流産など、不育症に関する保険外診療で行った検査及び治療

対象者

次の全ての要件に該当するかた

@法律上の婚姻をしている夫婦で、不育症検査または治療が終了した日に、夫婦双方または一方が、市内に1年以上住んでいるかた

A医師の判断により不育症検査または治療が必要と診断され、受診したかた

助成内容

不育症検査及び治療1回につき、5万円を上限に1年度当たり1回助成

*通算助成回数の制限はありません。

申請期間

4月1日から来年3月31日まで

*4月1日以降検査及び治療が終了したかたを対象としますが、来年2月・3月に検査及び治療が終了したかたで、やむを得ない理由があり申請期間内に申 請が難しいかたは、必ず事前に健康づくり推進課に相談してください。

申請に必要な書類

(1)日立市不育症治療費助成申請書
(2)日立市不育症治療費助成事業受診証明書
(3)医療機関発行の領収書の写し
(4)市外在住のかたは住民票(本籍地の記載のあるもの)
*(1)(2)は健康づくり推進課の窓口にあります。

問い合わせ 健康づくり推進課 電話番号 0294-21-3300 IP050−5528−5180