×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

ページID
P056691

平成28年12月6日(火曜日)

ページID
P056691

11月の相談受付状況をお知らせします

平成28年12月6日(火曜日)

11月の相談受付状況

1 総受付件数  113件 (前月比11件減)

2 多い相談内容 

 

相談内容

件数

事例

1位

通信トラブル

22件

・スマートフォンに、有料動画サイトの未納料金を請求するショートメッセージが届き、400万円を宅配便で送ったら、また請求が来たが、どうしたらよいか。

・タブレットでイラストを見ていたら、アダルトサイトに入ってしまった。携帯電話番号(タブレット専用)も登録されてしまったが、どう対処すればよいか。  

2位

商品一般(商品の特定ができないもの)

9件

・スマートフォンに、フリーマーケットサイトから身に覚えのない注文確認と料金請求のメールが届いた。どうしたらよいか。

・無料で不用品を回収するとポストにチラシが入っていたので、この業者に家電品などの回収を頼みたいが、本当に無料なのか。

3位

インターネット接続回線

7件

・昨年電話勧誘を受け、よくわからないまま光回線を変更した。最近、支払方法変更の書面が来たがどうしたらよいか。

・近所の独り暮らしの高齢者宅に光回線業者が訪れ、「電話代が安くなる。固定電話が使えなくなる。」などと言っていた。情報提供する。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

 11月は60歳代からの相談が一番多く、次いで40歳代からの相談が多かった。

 今月は40歳代、50歳代からの相談が増えた。男女比はほぼ同数だった。

相談」

       

4 気をつけましょう!!

★平成28年12月1日から、新しい洗濯表示がついた衣料品等の販売が始まりました。記号の種類も22種類から41種類に増え、繊維製品の取扱いに関するよりきめ細かい情報が提供されるようになりました。新しい表示を覚えて、大切な衣類等を正しくお手入れしましょう。

★スマートフォンや携帯電話に、「有料動画サイトの閲覧履歴があり、未納料金が発生している。本日中に支払わないと法的手続きをとる。」とショートメッセージが届く架空請求に関する相談も相変わらず減りません。身に覚えがなければ絶対に連絡しないようにしましょう。

★電話勧誘や自宅への訪問で、投資用ワンルームマンションを強引に勧められているという相談も増えています。興味がなければ話を聞かないで毅然と断りましょう。断った人に対する再勧誘は、法律で禁止されています。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る