×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

ページID
P049049

平成28年1月6日(水曜日)

ページID
P049049

12月の相談受付状況をお知らせします

平成28年1月6日(水曜日)

12月の相談受付状況

1 総受付件数  139件 (前月比29件増)

2 多い相談内容 

 

相談内容

件数

事例

1位

通信トラブル

35件

・スマートフォンに電話があり、折返し電話をかけたら有料動画サイトの未納があると音声ガイダンスが流れた  が身に覚えがない。
・タブレット端末でアダルトサイトに入ってしまったので退会の電話をしたら27万円を請求され、クレジットカードで決済してしまった。  

2位

融資

11件

・インターネットで探した金融業者に融資を申し込み、2万円が自分の口座に振り込まれたがヤミ金融だった。どう対処したらよいか。
・覚えのない消費者金融の破産管財人弁護士から債権届出書を提出するよう書面が届いた。どうしたらよいか。

3位

商品一般(商品の特定ができないもの)

9件

・高齢の母宛に個人情報を消すと電話がかかってきて、母がその電話を信用して次の電話を待っていた。怪しいので情報提供する。
・メール便でカタログが届いた後、カタログは届いていないかと不審な電話がかかってきた。今後どうしたらよいか。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

  12月は70代からの相談が41件と一番多く、全体の約3割だった。
  今月も60代以上の相談が半数を占め、男女比はほぼ同じだった。 

12月相談            

4 気をつけましょう!!

★携帯電話に非通知の電話がかかってきたので折返し電話をかけたら、アダルトサイトなど有料サイトの料金を請求する音声ガイダンスが流れたとの相談が急増しました。
非通知、登録外の電話には冷静に対応しましょう。  

★着物、靴を買い取ると電話があり来てもらったら、「貴金属はないか」と言われて仕方なく貴金属を売却してしまったなどの訪問買取りに関する相談も増えました。
クーリング・オフの適用はありますが契約は慎重にしましょう。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。
消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会などへの紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る