×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

ページID
P042900

平成27年5月7日(木曜日)

ページID
P042900

4月の消費生活相談受付状況をお知らせします

平成27年5月7日(木曜日)

4月の相談受付状況

1 総受付件数  169件 (前月比28件増)

2 多い相談内容 

 

相談内容

件数

事例

1位

商品一般(商品が特定できないもの)

51件

・「消費者紛争確認書」と書かれたハガキが届いたが身に覚えがない。

・判断力の衰えた父が、通信販売で必要のない商品を注文してしまうので困っている。どう対処すればよいか。  

2位

通信トラブル

25件

・携帯電話に退会保証費用が未払いだとメールが届き、コンビニから15000円を支払ったら、更に5万円を請求された。

・スマートフォンでアダルトサイトに入り、2回タップしたら登録になってしまい、退会のメールを送ったが退会できない。

3位

融資

9件

・金融業者に借金を申し込んだら、スマートフォンを3台契約して送るように言われ、契約したが不安になった。

・多重債務に陥り、テレビで見た司法書士事務所に債務整理を依頼して返済計画を立てたが、返済できそうにない。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

 4月は70代からの相談が一番多かった。今月は60代以上の女性からの相談が多く、女性が約7割を占めた。

 4月男女比 

                                 

4 気をつけましょう!!

★身に覚えのないハガキが届いたという架空請求の相談が急増しました。ハガキが届いたのはほとんど高齢の女性でした。身に覚えがないハガキなどが届いたら、相手には連絡しないでください。

★固定電話の料金が安くなるので電話会社を変更しないかと電話で勧誘を受け承諾したが、不安になったなどの通信契約に関する相談も減りません。不安に思ったら消費生活センターにご相談ください。

★スマートフォンに、アダルト動画の料金が未納だとショートメッセージが届いたが身に覚えがないという架空請求に関する相談も相変わらず多くなっています。身に覚えのないメールなどが届いたときは、相手には電話はしないようにしましょう。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る