×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

ページID
P025810

平成26年2月7日(金曜日)

ページID
P025810

1月の消費生活相談受付状況をお知らせします。

平成26年2月7日(金曜日)

 

1月の相談受付状況

 

1 総受付件数

139件 (前月比15件増)

2 多い相談内容 

多い相談内容

順位

相談内容

件数

事例

1位

通信トラブル

22件

・スマートフォンで無料サイトを検索し、「18歳」以上をクリックしたら料金請求の画面になった。退会のメールを送ったが退会できない。

2位

融資

12件

・10年前から、消費者金融、信販会社から借入れし返済を続けているが、過払い金が発生していると思う。過払い金の返還請求をしたい。

3位

投資トラブル

5件

・証券会社を名乗り、「あなたの名義で株を買った。株式発行会社からお礼の連絡がある。」と電話がかかってきたが信用できない。

3相談者(契約者)の年齢構成

1月も60代からの相談が33件と一番多かった。50代、70代からの相談も多く、50代以上の相談が7割を占めた。男女比はほぼ同数だった。

 1月相談男女比グラフ

4 気を付けましょう!!

  • スマートフォン、タブレット端末の契約、解約に関する相談が増えています。通信契約では、一度締結した契約は無条件では解約はできません。無料などのセールトークに惑わされないで契約は慎重にしましょう。
  • インターネット通販で、ブランド品が安くなっていたので注文し、代金を先払いしたのに商品が届かず、サイトと連絡も取れなくなったなどのトラブルも多くなっています。価格の安さに惑わされずに、信用できるサイトかよく確認して申し込みましょう。
  • 劇場型の投資に関する相談では、被害額が高額になっています。被害に遭わないために、必要のない電話にはなるべく出ないようにしましょう。
  • 借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。 

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る