×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

ページID
P023098

平成25年10月10日(木曜日)

ページID
P023098

平成25年9月の消費生活相談受付状況をお知らせします

平成25年10月10日(木曜日)

平成25年9月の相談受付状況

1 総受付件数

157件 (前月比8件増)

2 多い相談内容

相談内容
順位 相談内容 件数 事例
1位 通信トラブル 23件 スマートフォンで、無料サイトを検索し、何度かクリックしたら有料サイトに登録になり、高額な登録料を請求された。サイトに退会したいとメールを送ったが、料金を払わないと退会できないと返信があった。
2位 融資 16件 10年前から消費者金融に借入れをしているが、契約時の高い利息で返済している。債務整理をして借金を減らしたい。
3位 健康食品 15件 「注文を受けた健康食品ができたので送る」と電話があり、身に覚えがないので断ったが、証拠があるなど強い口調で言われた。業者名、電話番号を聞いても教えてくれない。

3相談者(契約者)の年齢構成

 9月は60代、70代の相談が約40%、40代、50代の相談が約30%だった。その中でも60代の相談が39件と一番多かった。男女比は女性が55%だった。

平成25年9月相談者割合のグラフ

4 気を付けましょう

  • 若者の通信トラブルが増えています。特に未成年者については、携帯電話、パソコンの使い方について家族でよく話し合い、トラブルに遭わないようにしましょう。
  • 健康食品の送り付け商法で、支払方法が代引きから現金書留で送らせるなど、手口が巧妙化しています。
  • インターネット通販で、ブランド品が安くなっていたので注文し、代金を先払いしたのに商品が届かず、サイトと連絡も取れなくなったなどのトラブルも多くなっています。価格の安さに惑わされずに、信用できるサイトかよく確認して申し込みましょう。
  • 借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る