×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 令和5年3月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P113842

令和5年4月10日(月曜日)

ページID
P113842

令和5年3月の消費生活相談受付状況をお知らせします

令和5年4月10日(月曜日)

令和5年3月の相談受付状況

総受付件数

総受付件数 136件 (前月比2件減)

相談をする人

多かった相談

1位 商品一般(25件)

(事例)スマートフォンに「不在のため荷物を持ち帰ったので確認するように」というSMSが届いた。

2位 工事・建築・加工(11件)

(事例)「近くで工事をするので挨拶に来た。親方が屋根瓦がずれているので無料で点検してあげると言っている」と突然、業者の訪問があった。点検を依頼したら「すぐに工事をしないと近所に迷惑をかける」と言われ、100万円の工事契約をしたが、落ち着いて考えたら高額なので、クーリング・オフしたい。

3位 融資サービス(10件)

(事例)スマートフォンに、通信会社をかたり未納料金を請求するSMSが届いた。支払うために消費者金融から50万円借金をしてしまったが返済できない。

相談者の購入形態

販売形態

相談者の内訳

年齢別

気をつけましょう!!

  • 市外の業者が来訪し、「近くで工事をしている。屋根瓦がずれているのが見えたので無料で点検する。」と言われ点検をしてもらったところ、屋根に上がって撮ったという写真を見せられ、高額な屋根工事の契約をしてしまったという相談が増えています。「このままでは危険だ」「すぐに修理しないと近所に迷惑がかかる」等と不安をあおることを言われても、その場では契約しないようにしましょう。業者の説明や見積もりを確認し、家族にも相談してから申し込むようにしましょう。
  • 通信販売はクーリング・オフの適用外です!一方的に商品を返品しても、解約をしたことにはなりません。業者の規約に従い、解約の手続きをしましょう。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る

ウィークエンド・テレホン

(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)

  • 電話03-6450-6631
  • [11時~16時]

週末電話相談室

(全国消費生活相談員協会)

  • 電話03-5614-0189
  • [10時~12時/13時~16時 ]