×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 令和5年2月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P113183

令和5年3月7日(火曜日)

ページID
P113183

令和5年2月の消費生活相談受付状況をお知らせします

令和5年3月7日(火曜日)

令和5年2月の相談受付状況

総受付件数

総受付件数 138件 (前月比9件増)

多かった相談

順位

相談内容

件数

事 例

1位

化粧品

22件

スマートフォンの広告を見て、初回特別価格の化粧品を注文したら2回目の商品が届き定期購入だったことが分かった。不要なので業者に連絡をせずに返品したら、返送され代金の督促状が届いた。

2位

商品一般

17件

パソコンに海外大手通販会社からアカウントが制限されているので、個人情報を更新するようにというメールが届いた。

3位

屋根工事

6件

業者が突然来訪し、屋根が傷んでいると言うので点検してもらった。工事を勧められ不安になって契約したが、高額なのでクーリング・オフしたい。

電気

大手電力会社の関連会社を名乗り、電気料金の割引プランを勧める電話があった。

役務その他

先月、アナログ回線に戻せば電話料金が安くなると電話勧誘を受け承諾したが、高額な撤去費用を請求された。

相談者の購入形態

R5.2購入形態

相談者の内訳

R5.2年齢別

気をつけましょう!!

  • 「不用品を買い取るので訪問する」という電話がかかってきた、という相談が多く寄せられています。必要がなければきっぱりと断りましょう。
  • ネット通販で初回特別価格の商品はほとんど定期購入が条件となっています。一方的に返品や受取拒否をしても、解約にはなりません。申し込む前に利用規約を確認しましょう。
  • 投資や将来の資産形成を目的とした強引な不動産業者の勧誘に関する相談が寄せられています。 突然訪問されたら、慌てずに相手を確認し、ドア越しに対応しましょう。
  • 不審な電話や迷惑な電話勧誘に困っているという相談が多く寄せられています。日頃から留守番電話の設定や施錠などの防犯対策をしっかり行ってください。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る

ウィークエンド・テレホン

(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)

  • 電話03-6450-6631
  • [11時~16時]

週末電話相談室

(全国消費生活相談員協会)

  • 電話03-5614-0189
  • [10時~12時/13時~16時 ]