×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 注意! 市役所をかたる還付金詐欺が発生しています!
ページID
P106330

令和4年5月31日(火曜日)

ページID
P106330

注意! 市役所をかたる還付金詐欺が発生しています!

令和4年5月31日(火曜日)

市役所などをかたる還付金詐欺にご注意!

イラスト

日立市内において、市役所職員や銀行員をかたった還付金詐欺が発生しています。市役所が還付金の受け取りのためにATMでの操作を指示することは絶対にありません。被害にあわないために、手口と対策を知っておきましょう

手 口

犯人からの電話

市役所職員や銀行員を名乗り、税金や保険料の還付金が受け取れる、といった電話がかかってきます。

・「介護保険料、健康保険料の還付がある」

・「払いすぎた税金や保険料が戻ってくる」

・「以前に封筒で通知を送ったが、まだ手続きがされていない」  など

ATMへの誘導

銀行窓口ではなく、スーパーのATMやコンビニの自動送金サービスに行くよう誘導されます。また、取引先の銀行を聞かれ、その銀行の行員を装った者から指示されることもあります。

犯人の口座へ送金

ATMの前から電話をすると、言葉巧みにATMを操作させられ、還付金を受け取るつもりが、本人が気づかないうちに、犯人の口座にお金を振り込んでしまいます。

対 策

「ATMへ行って」は疑う

市役所が還付金の受け取りにATMでの操作を求めることは絶対にありません。そもそもATMにそのような機能はありません。「携帯電話を持ってATMへ」と言われたら詐欺を疑ってください。

留守番電話に設定する

・家にいるときも留守番電話機能を使用し、知らない(登録のない)電話番号には出ないようにしましょう。

・市役所や銀行を名乗る者からの電話は一度切って、自分で連絡先を調べて問い合わせるようにしましょう。

すぐに相談

少しでも、疑問や不安を感じたら、すぐに直接市役所等の担当課や警察署、消費生活センターに相談してください。

関連するその他の記事

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る

ウィークエンド・テレホン

(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)

  • 電話03-6450-6631
  • [11時~16時]

週末電話相談室

(全国消費生活相談員協会)

  • 電話03-5614-0189
  • [10時~12時/13時~16時 ]