×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 令和4年4月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P105859

令和4年5月12日(木曜日)

ページID
P105859

令和4年4月の消費生活相談受付状況をお知らせします

令和4年5月12日(木曜日)

令和4年4月の相談受付状況

総受付件数

総受付件数 115件 (前月比16件減)

多い相談内容

順位

相談内容

件数

事  例

1位

商品一般

19件

・スマートフォンに確認事項があるとSMSが届いたので電話をしたら、大手通信会社をかたり覚えのない24万8千円を請求された。

2位

化粧品

13件

・ネット通販で初回特別価格の美容液を注文したら定期購入だった。初回だけと思っていたら、3週間後に2回目の商品が3か月分届き、約4万円の請求を受けた。

3位

健康食品

5件

・ネット通販で定期購入の筋力増強サプリを2回購入した。不用になり、解約しようとしたが電話がつながらない。

工事・建築・加工

・高齢の父が訪問した業者に勧められ150万円で屋根工事の契約をしてしまい、クーリング・オフを申し出たが断られた。

融資サービス

・母宛てに見知らぬクレジット会社から3万円の返済通知が届いたが、覚えがないという。

相談者(契約者)の年齢構成

R4.4年齢別

相談者の男女内訳

R4.4男女別

気をつけましょう!!

「無料で屋根の点検をします」と電話や訪問を受けても、すぐに依頼せずに家族に相談しましょう。もし、点検後に修理を勧められてもその場で契約しないようにしましょう。

通信販売(ネット、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌等)はクーリング・オフの適用外です。申し込む前に必ず利用規約を確認し、返品や解約の条件について理解した上で注文しましょう。

無料や安価で販売される食品や日用品が掲載されているチラシをきっかけに、近くの会場に出向いたところ、高額な健康食品を勧められた、という相談が寄せられています。勧誘されても必要がなければ、その場できっぱりと断りましょう。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る

ウィークエンド・テレホン

(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)

  • 電話03-6450-6631
  • [11時~16時]

週末電話相談室

(全国消費生活相談員協会)

  • 電話03-5614-0189
  • [10時~12時/13時~16時 ]