×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 令和3年6月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P096920

令和3年7月15日(木曜日)

ページID
P096920

令和3年6月の消費生活相談受付状況をお知らせします

令和3年7月15日(木曜日)

令和3年 6月の相談受付状況

1 総受付件数 153件 (前月比28件増)

2 多い相談内容 

順位

相談内容

件数

事 例

1位

商品一般(商品の特定ができないもの)

20件

・スマートフォンに大手通信会社からSMSが届いたので電話をしたら、1年分の未払いがあると言われ、30万円を請求された。

2位

化粧品

9件

・初回特別価格の美容液を定期購入し2回目が届いたが、次回から解約したい。

他の教養娯楽サービス

9件

・スマートフォンで無料動画を間違えてタップしたら、アダルトサイトに登録になり、35万円を請求された。

3位

娯楽等情報配信

6件

・中学生の息子がスマートフォンのオンラインゲームに親のクレジットカードで課金してしまった。

役務その他

6件

・市から委託を受けた災害調査を行う、という事業者の訪問があった。「火災保険を使って住宅修理が出来るので、保険の申請をサポートする」と言われ、保険金の30%を手数料として請求された。

3 相談者(契約者)の年齢構成

  6月は、70代と50代からの相談が目立った。男女別では女性からの相談が若干多かった。

  6月グラフ

4 気をつけましょう!!

★市役所をかたった保険料の還付金詐欺や、市からの委託とみせかける災害調査の電話勧誘が増えています。電話による勧誘や 詐欺への対策は留守番電話が有効です。留守番電話を設定し、相手を確認してから電話に出るようにしましょう。

★ネット通販による化粧品等の「定期購入」に関するトラブルが後を絶ちません。注文する前に必ず利用規約や業者名等を確認しましょう。

★宅配業者をかたったSMSの「不在通知」には、返信したりURLをクリックしたりしないようにしましょう。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る