×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 令和3年2月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P093541

令和3年3月9日(火曜日)

ページID
P093541

令和3年2月の消費生活相談受付状況をお知らせします

令和3年3月9日(火曜日)

令和3年2月の相談受付状況

1 総受付件数 118件 (前月比8件増)

2 多い相談内容 

順位

相談内容

件数

事 例

1位

商品一般

15件

・スマートフォンに大手通信販売会社から「オンライン決済請求のお知らせ」というメールが届いたが、身に覚えがない。

・他県の買取業者から不要な着物や靴を買取るという電話があり、了承したがこの業者は信用できるか。

2位

役務・その他

13件

・他県の建設会社の社員が、近くで工事をするとあいさつに来た。その時、自宅の屋根のふくらみを見て、火災保険を使うと無料で修繕できるので調査すると言われたが、信用できるか。

・ネットの紹介サイトに掲載されていた業者に害虫駆除を申し込んだが、高額なので解約したい。クーリング・オフできるか。

3位

放送コンテンツ等

9件

・スマートフォンで無料動画を観ていたら、アダルトサイトに登録になり、高額な料金を請求された。

・通信事業者から「サイト料金が未納。連絡無き場合は、法的な措置を取る」というSMSが届いたが、覚えがない。

3 相談者(契約者)の年齢構成

  2月は、70歳代以上の方の相談が4割を超えた。男女比では女性からの相談が若干多かった。

相談

4 気をつけましょう!!

★訪問による屋根の修理などの勧誘があちらこちらで見受けられます。訪問販売はクーリング・オフができますので、早めに消費生活センターに相談してください。

★スマートフォンなどの携帯電話に「不在通知」、「身に覚えのない登録や支払い」等の返信を求めるSMSが届いても、連絡しないでください。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る

ウィークエンド・テレホン

(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)

  • 電話03-6450-6631
  • [11時~16時]

週末電話相談室

(全国消費生活相談員協会)

  • 電話03-5614-0189
  • [10時~12時/13時~16時 ]