×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 令和3年1月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P092735

令和3年2月8日(月曜日)

ページID
P092735

令和3年1月の消費生活相談受付状況をお知らせします

令和3年2月8日(月曜日)

令和3年 1月の相談受付状況

1 総受付件数 110件 (前月比29件増)

2 多い相談内容 

順位

相談内容

件数

事 例

1位

商品一般

27件

・スマートフォンに「荷物を配達したが、不在なので持ち帰った」とのSMSが届いた。

・パソコンに通信販売者をかたって「高額な買い物をしたので、ログインして確認するように」というメールが届いたが、覚えがない。

2位

役務・その他

12件

・「火災保険を使って、屋根の修理ができるので調査に行く」という電話を受けたが、この業者は信用できるか。

・パソコンで質問サイトの会員になり質問をしたが、回答が来なかったので、解約を申し出たが、会費は請求されるか。

3位

放送コンテンツ等

8件

・スマートフォンから「知らない人の悩みを聞いたら、15万円もらえる」との在宅ワークを申し込んだら、登録費用を請求された。

・スマートフォンに、覚えのないサイトに登録したとのメールが届き、退会ボタンをタップしたら、アダルトサイトに登録された。

3 相談者(契約者)の年齢構成

  1月は、70歳代以上の方の相談が4割を超えた。男女比では6割が女性からの相談だった。

  相談

4 気をつけましょう!!

★携帯電話に身に覚えのないSMSやメールが届いたら、すぐに返信やタップをせずに、周りの人や消費生活センターに相談しましょう。

★テレビショッピング、新聞広告や折込チラシなどを利用した後期高齢者の通信販売トラブルが、増えています。通信販売にはクーリング・オフの制度がありませんので、注文する前に契約内容を確認しましょう。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る

ウィークエンド・テレホン

(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)

  • 電話03-6450-6631
  • [11時~16時]

週末電話相談室

(全国消費生活相談員協会)

  • 電話03-5614-0189
  • [10時~12時/13時~16時 ]