×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 令和2年7月の相談受付状況をお知らせします
ページID
P087746

令和2年8月12日(水曜日)

ページID
P087746

令和2年7月の相談受付状況をお知らせします

令和2年8月12日(水曜日)

 

令和2年 7月の相談受付状況

 

1 総受付件数 110件 (前月比件34減)

2 多い相談内容 

順位

相談内容

件数

事 例

1位

商品一般

 

16件

 

・スマートフォンに宅配業者を装ったSMSが届き、添付のURLを開いたら、見知らぬ番号から電話やSMSがたくさん届いてしまった。

・自宅の固定電話に、数日前から非通知の電話が何度もかかってくる。どうしたらよいか。

2位

役務その他

12件

・火災保険を利用した住宅修理が、無料でできるという訪問業者に調査の申し込みをしたが、不審なのでクーリング・オフしたい。

・実家に火災保険申請代行業者の訪問があり、娘が断ったところ、すでに両親は別の業者と同じ内容の契約をしていた。解約したい。

3位

他の健康食品

11件

・ネットで初回特別価格のダイエットサプリを申し込んだら、定期購入だった。2回目の商品が届いた時に解約しようと電話したが、つながらない。クーリング・オフで解約・返品できないか。

・高校生の娘が、スマートフォンでダイエットサプリを申し込み、2回目の商品が届いて定期購入であることに気が付いた。解約は電話のみとなっているが、繋がらない。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

  7月は、60歳以上からの相談が半数だった。相談の男女比はほぼ半々だった。

 7月

      

4 気をつけましょう!!

★身に覚えのないSMSやメールには、すぐにアクセスしないようにしましょう。身に覚えのある業者でも個人情報の入力を求められた場合は、慎重に対応しましょう。

★「保険金が使える」という住宅の修理サービスのトラブルが急増しています。業者から電話や訪問による勧誘を受けた場合は、契約する前に加入先の損害保険会社や代理店に相談しましょう。

★スマートフォンの広告によるネット通販のトラブルは、後を絶ちません。通信販売はクーリング・オフの適用はありません。初回の特別価格に気を取られて、定期購入とは気がつかなかったという相談が多いので、申し込む前に必ず利用規約を確認しましょう。

 

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る