×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 令和2年2月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P083893

令和2年3月9日(月曜日)

ページID
P083893

令和2年2月の消費生活相談受付状況をお知らせします

令和2年3月9日(月曜日)

 

2月の相談受付状況

 

1 総受付件数 119件 (前月比6件増)

2 多い相談内容 

順位

相談内容

件数

事   例

1位

商品一般(商品の特定ができないもの)

19件

・債権回収会社をかたり「未納料金を確認するように」というハガキが届いた。どうしたらよいか。

・「民事訴訟最終通達書」と書かれた文書が茶色い封書に入って届いたが、身に覚えがない。どうしたらよいか。

2位

インターネット通信サービス

11件

・大手通信事業者の代理店から光回線トラブル24時間サポートサービスが、2か月間無料だという電話があり了解した。後日届いた書面は、2種類のサービスの契約書だった。解約できるか。

・光回線の電話勧誘を受けて申し込んだが、説明と違うので、解約を申し出たら高額な解約料がかかると言われた。支払わなくてはならないのか。

3位

放送コンテンツ

8件

・質問サイトに質問したら、登録した覚えのない月額会員になっており、会費を請求されたが、どうしたらよいか。

・パソコンに突然警告音が鳴り、電話をするとセキュリティソフトの購入を勧められクレジットカードで決済した。解約したいが、契約した会社に電話したが繋がらない。海外の業者のようだがどのように対応したらよいか。

3 相談者(契約者)の年齢構成

  2月は、80歳以上の男性からの相談が一番多く、次に70歳代の女性からの相談が多かった。

  全体としては60歳以上からの相談が6割を超え、男女比はほぼ半々だった。

  令和

  

    

4 気をつけましょう!!

 ★債権回収会社を名乗るハガキやショートメッセージが届いたときは、、相手に連絡を取る前に相談してください。

 ★電話で光回線サービスを勧誘されても、すぐ契約しないで十分に検討し、理解できない時は周りの人に相談しましょう。

  もし書面が届いた場合は、必ず確認して相談してください。

 

 

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る