×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 1月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P083185

令和2年2月12日(水曜日)

ページID
P083185

1月の消費生活相談受付状況をお知らせします

令和2年2月12日(水曜日)

 

1月の相談受付状況

 

1 総受付件数 113件 (前月比11件減)

2 多い相談内容 

順位

相談内容

件数

事 例

1位

商品一般(商品の特定ができないもの)

18件

・債権回収会社を名乗るところから、支払督促のハガキが届いたが、全く身に覚えがない。どうしたらよいか。

・家族の留守中に役所の職員を名乗り、銀行口座の番号を確認する不審な電話があったので情報提供する。

2位

インターネット接続回線

7件

・1週間前「光回線を替えれば、料金が安くなる」と業者から電話があり、申し込んだが解約できるか。

・「光回線が変更になる」と電話があり、現在の契約会社の代理店と勘違いして了解した。後日届いた書類で別会社であることに気が付き、工事をキャンセルしたが、代理店に連絡がとれない。違約金は発生するか。

2位

融資サービス

7件

・亡くなった兄弟がカードローンで借り入れをしていたようだ。どうしたらよいか。

・奨学金の返済やクレジットカードなどの支払いがあるが、収入が不安定なので今後の返済が困難になった。債務整理について知りたい。

3位

化粧品

6件

・ネット通販で定期購入した化粧品を解約したいと業者に電話をしているが、繋がらない。

・数日前にネット通販で「除毛クリームお試し価格」のWeb広告を見て、申し込んだところ定期購入だった。どうしたらよいか。

3 相談者(契約者)の年齢構成

  1月は、70歳代からの相談が最も多く、さらに60歳代以上の高齢者からの相談が5割以上で、男女の比率はほぼ半々だった。

  相談

   

4 気をつけましょう!!

★債権回収業者を名乗るハガキなどが届いたときは、相手に連絡を取る前にご相談ください。

★役所や銀行を名乗り電話で銀行口座を確認する不審な電話に気をつけましょう。

★電話で光回線サービスを勧誘されても、すぐ契約しないで十分に検討し、理解できない時は周りの人に相談しましょう。

★借金は一人で悩まないで相談してください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介をしています。

 

 

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る