×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 令和元年12月の相談受付状況をお知らせします
ページID
P082332

令和2年1月10日(金曜日)

ページID
P082332

令和元年12月の相談受付状況をお知らせします

令和2年1月10日(金曜日)

 

12月の相談受付状況

 

1 総受付件数 124件 (前月比2件増)

2 多い相談内容 

順位

相談内容

件数

事 例

1位

商品一般(商品の特定ができないもの)

17件

・妻あてに「民事訴訟最終通知」と書かれた封書が届いたが、身に覚えがないという。どうしたらよいか。

・一人暮らしをしている母の家に市役所の職員を名乗り「給付金が出るので、書類を送る。返送してほしい」という不審な電話があった。

2位

放送コンテンツ

10件

・インターネットで情報商材の申し込みをしたが、思ったように儲からないので、解約したい。

・スマートフォンに「料金未納があり、少額訴訟を起こす。心当たりがない場合は至急連絡するように」という覚えのないショートメッセージ(SMS)が届いたので、電話したら20万円請求された。どうしたらよいか。

2位

インターネット接続回線

10件

・「電話代が安くなる」と電話勧誘を受け、契約したが高額になったので解約したい。

・契約中の通信会社を名乗る業者から電話で「回線を変更すれば、今より1,000円安くなる」と言われ、承諾したら別の業者だったので、解約したい。

3位

融資サービス

9件

 ・連帯保証人になっていた実父が突然亡くなり、今後どうしたらいいか。

・数十年前に父と共同名義で住宅ローンを組んだが、返済できず債権回収会社から督促を受けて、困っている。

3 相談者(契約者)の年齢構成

  12月は、70歳代からの相談が最も多く、60歳代以上の高齢者からの相談が約6割を占めた。

  相談全体の約6割は男性からの相談だった。

  相談

4 気をつけましょう!!

★ハガキや封書、スマートフォンのショートメッセージによる架空請求に関する相談が後を絶ちません。

 身に覚えのない場合は、相手に連絡を取る前にご相談ください。

★電話で光回線サービスを勧誘されても、すぐ契約しないで十分に検討し、理解できない時は周りの人に相談しましょう。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。

 

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る