×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 令和元年11月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P081665

令和元年12月9日(月曜日)

ページID
P081665

令和元年11月の消費生活相談受付状況をお知らせします

令和元年12月9日(月曜日)

 

11月の相談受付状況

 

1 総受付件数 122件 (前月比67件減)

2 多い相談内容 

順位

相談内容

件数

事 例

1位

商品一般(商品の特定ができないもの)

31件

・「消費料金に関する訴訟最終告知」と書かれた身に覚えのないハガキが届いた。

・クレジットカードに身に覚えのない高額な請求があったが、どうしたらよいか。

2位

放送コンテンツ

12件

・大学生の息子が知人に紹介され、投資用教材を購入したようだ。解約させたいがどうしたらよいか。

・スマートフォンに債権回収会社を名乗るショートメッセージ(SMS)が届き、電話したら20万円請求されコンビニのギフト券で支払ったところ、翌日にさらに35万円の請求を受け、断ったがまた電話がかかってくる。どうしたらよいか。

3位

融資サービス

9件

・数年前から消費者金融や銀行から借り入れをしていたが、返済が苦しいので債務整理したい。

・他県の簡易裁判所から支払い督促が届いたが、どうしたらよいか。

3 相談者(契約者)の年齢構成

  11月は、70歳代からの相談が最も多く、さらに60歳代以上の高齢者からの相談が半数以上だった。

  また男性からの相談が若干多かった。

 相談

      

4 気をつけましょう!!

★ハガキやスマートフォンのショートメッセージによる架空請求に関する相談が後を絶ちません。身に覚えのない場合は、相手に連絡を取る前にご相談ください。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。

 

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る