×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 9月の消費生活相談受付状況をお知らせします
ページID
P079872

令和元年10月9日(水曜日)

ページID
P079872

9月の消費生活相談受付状況をお知らせします

令和元年10月9日(水曜日)

9月の相談受付状況

 

1 総受付件数 154件 (前月比16件増)

2 多い相談内容 

順位

相談内容

件数

事 例

1位

商品一般(商品の特定ができないもの)

31件

・携帯電話に「荷物を配達したが、不在のため持ち帰りました。リンクされたURLで確認してください」というショートメッセージが届いたが、覚えがない。

・海外から身に覚えのない国際郵便が届いた。どうしたらいいか。

2位

デジタルコンテンツ

17件

・中学生の娘が無料アダルトサイト動画を閲覧しクリックしたら、登録完了となり業者に電話してしまった。どうしたらよいか。

・パソコンで海外アーティストの動画を閲覧中に、登録が必要と表示されたので会員登録をしたら、有料会員になりクレジットカードで決済してしまった。有料とは思わなかった。

3位

役務その他のサービス

10件

・訪問してきた業者が「保険金を使って家屋の修理ができるので調査する」と言っているが信用できるか。

・過払い金が戻るという新聞の折り込み広告を見て、他県の司法書士事務所に無料相談の予約をしたが、信用できるか。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

  9月は、60歳代からの相談が最も多く60歳代以上の相談が半数を占めた。

  男女比は、ほぼ半々だった。

 相談

4 気をつけましょう!!

★ハガキやスマートフォンのショートメッセージによる架空請求に関する相談が後を絶ちません。身に覚えのない場合は、相手に連絡を取る前にご相談ください。

★ネット通販による健康食品や化粧品により、体調不良や肌あれなどの症状が出たら、すぐに使用をやめて医療機関にかかりましょう。

★無料の調査やキャンペーンで工事を格安にするなどというサービスには、すぐ契約をしないで条件等を確認し、慎重に契約しましょう。

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る