×
閉じる

トップへ戻る



消費生活相談窓口

相談日
月~土曜日 (祝日・12月29日~1月3日は除く)
相談時間
9時~17時 (土曜日は16時まで)

消費者ホットライン

電話188

日曜の緊急相談は

ウィークエンド・テレホン

(消費生活アドバイザー・コンサルタント協会)

週末電話相談

(社団法人全国消費生活相談員協会)

  • ホーム>
  • 令和元年6月の相談受付状況をお知らせします
ページID
P078152

令和元年7月12日(金曜日)

ページID
P078152

令和元年6月の相談受付状況をお知らせします

令和元年7月12日(金曜日)

 

6月の相談受付状況

 

1 総受付件数 154件 (前月比23件減)

2 多い相談内容 

順位

相談内容

件数

事 例

1位

商品一般(商品の特定ができないもの)

40件

・スマートフォンに、宅配業者から「配達の手続きが完了した。URLで確認するように」というショートメッセージが届いたが、信用できるか。

・「特定消費料金未納に関する訴訟最終告知のお知らせ」と書かれた桐の紋入りのハガキが届いたが、身に覚えがない。どうしたらいいか。

2位

通信トラブル(デジタルコンテンツ)

15件

・スマートフォンで副業を探していたら、簡単に高額の収入が得られるというサイトがあり契約したが、ノウハウの教材を買わされるだけなので、解約したい。

・スマートフォンの迷惑メールにアクセスしたら出会い系サイトに誘導された。メール交換のためのポイントを購入する料金が高額になったので、やめたい。

・スマートフォンで無料アダルト動画を閲覧していたら登録完了になり、驚いて電話したところ30万円を請求されたが、支払いたくない。

3位

フリーローン・サラ金

12件

・銀行やクレジットカード会社からの借り入れが、月々の返済能力を超えてしまい、整理をしたい。

・債務回収会社からショッピングクレジット債権の和解提案書が届いたが、どうしたらいいか。

 

3 相談者(契約者)の年齢構成

  6月は、60歳代以上の高齢者の方からの相談が半数を占め、男女比は若干女性からの相談が多かった。 

  相談

4 気をつけましょう!!

★ハガキやスマートフォンのショートメッセージによる架空請求に関する相談が、後を絶ちません。身に覚えのない場合は、相手に連絡を取る前にご相談ください。

★簡単に稼げる儲け話はありません。スマートフォンなどの広告やメールの信ぴょう性に注意を払い、安易に契約しないようにしましょう。

★借金は一人で悩まないで、消費生活センターにご相談ください。消費生活センターでは借金の解決のために弁護士会への紹介もしています。  

このページについてご意見をお聞かせください

この記事はいかがでしたか?

この記事についてのお問い合わせ

お問い合わせ先
生活環境部消費生活センター
代表電話番号
0294-26-0069
ファクス番号
0294-26-0091

ページの上部に戻る